colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

真鶴半島イトナミ美術館

真鶴半島イトナミ美術館とは

“美しく暮らす術”を持つ人々。その想いによって守られてきた風景。
真鶴には、暮らしに息づく美しさがあるのかもしれません。

「真鶴半島イトナミ美術館」と言ってもまち中に派手なアート作品があるわけではありません。
そこにあるのは、想いの込もったものづくりに精を出す町民たちの営み、
「人だまり」を感じられる景色、小さなギャラリーや居心地のいいお店、
半島を覆う美しい原生林「お林」、そして「生命(いのち)の画家」中川一政美術館。
それらもすべて真鶴半島の「作品」のひとつと捉えてみます。

そんな作品の数々に触れながら、真鶴半島をゆっくりめぐってみませんか。
真鶴半島に広がる“アート”を体感してみてください。

Access

真鶴までは…

神奈川県西南部の小さな半島、真鶴半島。
東京からは、小田原のちょっと先、熱海のちょっと手前の、ほどよい距離感。

真鶴までのアクセス

■ 新幹線で

東京駅から
東海道新幹線こだま号で(小田原駅まで)
約40分+東海道線で約13分

■ 東海道本線で

東京駅から
東海道線快速アクティーで約82分
東海道線普通で約100分

■ 小田急線で

新宿駅から
ロマンスカーで(小田原駅まで)約70分
+東海道線で約13分

■ 車で

東京から
東名高速から小田原・厚木道路下り真鶴道路まで
約1時間30分

Manazuru Itonami Gallery

真鶴半島作品めぐり

真鶴半島にはさまざまなストーリーや町民アーティストという
「作品」が点在しています。
このアートマップで半島美術館めぐりをどうぞ。

Manazuru Stories

真鶴のものがたり

真鶴の人たちが受け継いできたもの、これからもずっと守っていきたいもの。
そして、いま真鶴で起きていること。それらいろいろなストーリーも真鶴の「作品」。
そんな真鶴の宝物というべき作品に触れてみてください。

作品No.17
真鶴の豊かな海を発信する
〈ディスカバーブルー〉と
〈真鶴町立遠藤貝類博物館〉
from 神奈川県

磯の観察会や海に関するワークショップなどを開催しているNPO法人〈ディスカバーブルー〉。その活動は、〈真鶴町立遠藤貝類博物館〉と深い関わりがあります。事務局の寺西聡子さんは、真鶴の磯は圧倒的に生き物の数が多いと言いますが、その理由は…?…

作品No.14
〈真鶴なぶら市〉
地魚から家庭菜園の野菜まで。
人と人をつなぐ手づくりの市
from 神奈川県

月に一度、真鶴港で開かれている〈真鶴なぶら市〉。鮮魚や干物はもちろん、スーパーや八百屋にも出回らない地元産野菜、手づくりの品まで、さまざまなものが並びます。お客さん同士、出店者とお客さんが交流できる小さな市は、ファンを増やし続けています。…

作品No.009
神様が海を渡る。
真鶴で愛され、受け継がれる
〈貴船まつり〉の美
from 神奈川県

毎年7月27日、28日に真鶴で行われる貴船まつり。江戸時代から続くこの祭りを真鶴の人たちはとても大切にしてきました。貴船神社の宮司は、このお祭りを「感謝のお祭り」だと言います。真鶴のアイデンティティとも言えるお祭りに込められた思いとは。…

Manazuru Artists

町民アーティスト

真鶴には真摯なものづくりをしている人たちがたくさんいます。
それはアート作品だったり、おいしい食べものだったり、人が集まる場所だったり。
そんな、真鶴のすてきなものをつくる人たちを「町民アーティスト」と呼んでみます。

作品No.16
地元で自分の好きなことを仕事に。
似顔絵からデザインまで手がける
〈ポトレト〉山本知香さん
from 神奈川県

〈ポトレト〉の屋号で似顔絵作家・イラストレーター・デザイナーとして活動する山本知香さん。一度は東京に出てグラフィックデザイナーとして働いていたものの、Uターンして自分の好きなことを仕事に。まちの人たちと仕事をする楽しさを語ってくれました。…

作品No.15
真鶴の高台のアトリエから。
〈スクランプシャス〉の
細やかな洋服づくり
from 神奈川県

中山靖さん、則美さん夫妻が手がけるブランド〈スクランプシャス〉。アンティークショップからスタートし、現在は真鶴のアトリエで、オリジナルの洋服を、工場ではなく縫い子さんたちの手を借りてつくっています。さらに、新たな拠点も準備中だそう。…

作品No.013
宿と喫茶〈おかげ荘〉
真鶴の食材を使った創作料理で
迎えてくれる三姉妹のような母娘
from 神奈川県

真鶴港にほど近い場所にある、1日1組限定の民宿〈おかげ荘〉。昼間は〈おかげカフェ〉という喫茶店としても営業しているこの宿を切り盛りするのは、母娘3人。真鶴の新鮮な魚をたっぷり使った食事が人気で、地元の人たちや常連さんに愛されています。…

Recommend