colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

ジェーン・バーキンが
震災復興のために描いた
アイテムたち
〈アマプロジェクト〉

コロカルニュース

posted:2016.3.1  from:宮城県登米市  genre:活性化と創生 / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

東日本大震災から5年。
いまもまだ、不自由な仮設住宅での暮らしを強いられている
被災者のかたたちを支援する〈アマ・プロジェクト〉に今年、
新展開が始まります!

ジェーン・バーキン(メンズ)

ジェーン・バーキン(レディース)

これは、設立当初から〈アマ・プロジェクト〉に絶大な声援を送ってくれている
3人のアーティストたちに、それぞれの支援の気持ちをデッサンで表現してもらって、
それをTシャツやトートバッグにしたもの。

その3人とは、
モード写真家のマリオ・テスティーノ、女優のジェーン・バーキン、
パリのグラフィティ・アーティスト、グラフィック・デザイナーのアンドレ・サライヴァ!
彼らが心を込めて描いたモチーフの、メンズ/レディースのTシャツと
トートバッグが発売されるんです。

アンドレ・サライヴァ(メンズ)

マリオ・テスティーノ(メンズ)

世界的モード写真家マリオ・テスティーノは、
情熱的な赤い炎のようなハート。
設立当初から長女のケイトとアマ・プロジェクトを支える、
フランスの国民的スター、ジェーン・バーキンは繊細なタッチの少女。
そしてアマのロゴを描いたグラフィック・デザイナー、
アンドレ・サライヴァは、ユーモラスな絵を描いてくれました。

この絵をモチーフにしたTシャツとトートバックは、
3月11日(金)からアマ・プロジェクトの取扱店にて発売されます。
お値段は、Tシャツ8,900円(税抜)、トートバッグ5,000円(税抜)です。
ちなみにただいま、アマ・プロジェクトでは
このTシャツの販売先を探しているのだそう。
ご興味のある方は〈コンテナおおあみ〉までお問い合わせを!

次のページ
アマ・プロジェクトとは?

Page 2

アマ・プロジェクトは、
フランス文学翻訳家、ファッションジャーナリストの
村上香住子さんが立ち上げた取り組み。
最初は仮設住宅に住み、孤独を感じるお母さんたちの心を
少しでも癒やし、試練を乗り越える手助けになればと思って始めた活動でした。

アマ・プロジェクトで作られているのは、
フランスで希望の色と言われる“緑”と、
日本を象徴する“赤”の、2色のビーズを編み込んだブレスレット。
南三陸の被災者たちが集会所に〈お茶っ子会〉と称して集まり、
細い糸での繊細な編み方で、誰もが精魂込めて一針一針編み込んでいるのだそう。
ブレスレットは今も通信販売が可能です。ご購入はWebサイトより。

information

map

アマ・プロジェクト

住所:〒987-0511 宮城県登米市迫町佐沼字大網218-1

TEL:0220-44-4210

Webサイト:公式サイト

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店