colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

沖縄県・石垣島の
おにぎり「オニササ」。
ささみフライとのりたまごはんの
相性が抜群!

コロカルニュース

posted:2015.1.31  from:沖縄県石垣市  genre:旅行 / 食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

ささみフライとごはんが一体になったおにぎり「オニササ」。
尖頭形のかたちに、なんだかすごみがあります。
沖縄県の石垣島で生まれ、
今や沖縄中で食べられているというこちらのおにぎり、
食べてみると意外なほどおいしい!
ただのB級グルメフードとあなどれないんです。

こちらが「オニササ」元祖の店といわれている、石垣島の「知念商会」さん。

店内はいつも地元の人でにぎわっています。
学校の近くにあり、地元の中高生にも大人気だそう。

店内には、お惣菜がずらり。
でも、あの「オニササ」の姿が見当たりません。
じつは「オニササ」は、自分でこしらえるおにぎりなんです。

Page 2

ではさっそく「オニササ」をつくってみましょう。
まずショーケースの中から、好きなおにぎりを選びます。
基本は、なつかしのふりかけがかかった「のりたま」。

知念商会さんはお惣菜の数が多いことでも有名。価格はささみフライ120円、おにぎり60円。

次に、ささみフライにお好みで味つけをします。
マヨネーズとソースがおすすめです。

準備ができたら、いよいよフライとごはんを合体させます。
このようにビニールの中に入れて・・

ぎゅっ・・とつぶします!
こんなことして良いのでしょうか。

大丈夫です!
いい感じに密着するように押しましょう。
ごはんと具が一体化したら完成です。

袋から取りだして、頭からいただきます。

フライとごはん、のりたま、ソース、マヨネーズがあいまって、
なんとも完成度の高い味!
これは、石垣島の新しいソウルフードといってもいいかも。
現在では、県内のコンビニでも完成形の「オニササ」が売られているそうです。
でもやっぱり、お店で自分だけのおにぎりをつくってみたいですね。

「オニササ」という名は、地元の学生さんが言いだしたのが
はじまりといわれているそう。
学校の帰りにより道した懐かしさが
よみがえってくるようなエピソードです。

今回ご紹介した「知念商会」のことは、
クリエイティブの力で島を盛り上げていくプロジェクト
石垣島 Creative Flag」の宮良賢哉さんからおしえていただきました。
沖縄にはこのほかにも、
かまぼこの中に炊き込みごはんが入った「おにぎりかまぼこ」など、
変わり種のおにぎりが色々あるそうです。
沖縄のソウルフード、まだまだ奥が深そうですね。

知念商会
住所 沖縄県石垣市登野城1249-18
電話 0980-82-9664
営業時間 7:00~21:00

Feature  これまでの注目&特集記事

    Recommend