colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

今年も必見の新潟市
〈わらアートまつり2018〉。
稲わらから生まれた
巨大動物がすごい!

コロカルニュース

posted:2018.8.22  from:新潟県新潟市  genre:アート・デザイン・建築 / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

米どころ・新潟。そのなかでも、新潟市最大の農地面積を誇る
西蒲区を舞台に、稲わらでつくった巨大なオブジェを展示するイベント
〈わらアートまつり〉が2018年8月26日(日)に開催されます! 
武蔵野美術大学の学生と地域の方々のコラボレーションによって作られる、
毎年大人気のイベントです。

ライオン

2017年の作品「ライオン」

躍動感がすごいウシ

こちらは「ウシ」。躍動感がすごい……!!

昨年は9月2日、3日に開催され、「10×獣」をテーマにした5作品が完成。
過去最大級の大型作品「ライオン」の展示など、来場者を驚かせました。

今年は、武蔵野美術大学の学生39名が
区内に一週間滞在しながら、新潟市民と協働で作り上げます。
細部までこだわり抜いた作品が作れるのも、美大の学生ならでは。
リアリティのある作品を作るために、稲わら以外にも竹や麦わら帽子など、
様々な材料を使ってアイデアを出し合いながら完成させます。

次のページ
今年のテーマは「11をさがして」

Page 2

制作予定作品「サーベルタイガー」のデッサン

制作予定作品「サーベルタイガー」のデッサン

“11”のポーズをする武蔵野美術大学の学生たち。

“11”のポーズをする武蔵野美術大学の学生たち。

開催11回目の今年のテーマは、「11をさがして」。
それぞれの体に“11”のシルエットが隠された、迫力ある5体の動物たちを制作・展示します。
作品展示のほかにも西蒲区の農産物の販売やフードコートとして「西蒲市場」の開設、
過去のわらアート作品や制作風景を紹介する「木陰のギャラリー」、スタンプラリー、
わら細工の制作体験コーナーなど、盛りだくさんのイベントが用意されています。

今回初めての取り組みとして、学生たちが会場で作品解説員を務め、
作品へのこだわりや制作秘話を紹介してくれます。
ぜひ手がけた学生たちに、直接お話を伺ってみてはいかがでしょうか?

当日は大変な混雑が予想されるため、
西蒲区役所(新潟市西蒲区巻甲2690番地1)と
角田浜海水浴場(新潟市西蒲区角田浜1069)に臨時駐車場を設け、
無料シャトルバスを運行します。詳細は、公式サイトにて。

information

map

わらアートまつり2018

日時:2018年8月26日(日)10:00~16:00

会場:上堰潟公園(新潟県新潟市西蒲区松野尾1)

Web:わらアートまつり2018 公式サイト

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Recommend