colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

国産材でつくる材木レシピ?
岡山県の西粟倉・森の学校が、
開発プロジェクトなどを
「SYNQA」にて展示

コロカルニュース

posted:2015.5.2  from:岡山県英田郡西粟倉村  genre:ものづくり / 活性化と創生

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

株式会社イトーキが運営する、中央区京橋にある、
オープン・イノベーションを実践する会員制のサロン「SYNQA」。
この「SYNQA」がただいま、地域のプロジェクトに特化した
クラウドファンディングサイト「FAAVO」と連携した
プロジェクトを実施中。
その内容は、「地域素材で働くをデザインする」をテーマに、
岐阜の飛騨高山や大阪、鹿児島など地域のデザイナーたちが、
地域素材を使ったオフィス家具の製作に挑戦するというもの。
制作費を支援すると、オフィスに新しい家具が届くんです。

そのうちの一つに、
岡山県の「西粟倉・森の学校」によるプロジェクトがあります。
西粟倉は岡山県の北東端に位置する、人口約1,500人の村です。
森の学校は、西粟倉地域の間伐材を使ったプロダクトの
製造販売を行っています。
今回のプロジェクトでは、「DIYで家具をつくりたい」、
「セルフリノベーションで内装をつくりたい」と思っている人のために、
国産材の材木のレシピを作るのだそう。
いわば、自分で暮らしをつくりたい人たちのための設計図ですね。
支援者には、森の学校の工作室1日無料券や、
オリジナルの材木レシピを実現できる権利などもご用意。
詳細はWebサイトをご覧ください。

こちらがレシピ

Page 2

ただいま「SYNQA」では、
このクラウドファンディングプロジェクトの展示を開催中。
パネル展示のほか、現在開発中のプロダクトの
プロトタイプ(試作品)も展示されています。
2015年5月21日(木)にはプロジェクトのプレゼンイベントも実施!
詳しくは「地域素材で”働く”をデザインする」Webサイトにて。

FAAVO x SYNQA「地域素材で”働く”をデザインする」
期間:2015年4月27日(月)~5月22日(金)
会場:SYNQA(東京都中央区京橋 3-7-1)

■SYNQA×FAVVOプレゼンイベント
日時:2015年5月21日(木)
会場:SYNQA(東京都中央区京橋 3-7-1)

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ