colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

住み着く芸術・土着する文化「鳥取藝住祭2014」。アーティスト・リゾートをめざす鳥取にて芸術祭ならぬ“藝住祭”を開催!

コロカルニュース

posted:2014.9.15  from:鳥取県東伯郡湯梨浜町  genre:暮らしと移住 / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

今年の秋、鳥取にて「鳥取藝住祭2014」が開催されます。

2012年からアーティストが滞在制作を行う
アーティスト・イン・レジデンスを実施し、
アーティストが活動しやすい環境づくりを推進してきた鳥取県。
今年は国内外から約30組のアーティストを招聘し、
3ヶ月にわたり
アーティスト・イン・レジデンスや演劇祭を開催します。

■ 鳥取藝住祭2014の見どころ

アーティスト・イン・レジデンスとは、
アーティストを招聘し、その土地の
文化・歴史・自然・人と関わりながら
滞在制作を行う活動を支援する事業のこと。

鳥取県では、このアーティスト・イン・レジデンスの
概念をていねいにとらえ直し、
芸術家が地域の人々と出会う場を作っていくことで、
日常生活への新しいまなざしや楽しみを生みだし、
それらが地域に根づいていくことをめざしています。
プロジェクトパートナーは、各地域のまちづくり団体。
県内8カ所の拠点にて
さまざまなプロジェクトを展開し、
アーティストによるオープンアトリエや、
一般の人も参加できるワークショップ、トークなどを行います。

・アーティスト中島佑太を招聘する関金AIR温泉

関金温泉街

中島佑太「今日の看板公園ー松ケ丘小学校」アーカスプロジェクト アーティスト・イン・スクール2013 茨城県守谷市立松ケ丘小学校

・ここあん(子己庵)を拠点に人形劇とギターのパフォーマンスをつくる「コンニチハ人形劇」

「コンニチハ人形劇」招聘アーティスト ヨシダ人形劇・吉田貴志

・ダンサーの竹ち代毬也(たけちよまりや)、ボードビリアンのバロンらを招聘する倉吉市の「くらよしAIR 3/14」

「くらよしAIR 3/14」招聘アーティスト:バロン

・大山をモチーフにアニメーションをつくる「大山アニメーションプロジェクト2014」

「大山アニメーションプロジェクト2014」招聘アーティスト チャンキー松本/絵本「たがやせ!どじょうおじさん」

・地域に根ざしたユニークな国際演劇祭「鳥の演劇祭7」

「鳥の演劇祭7」旧鹿野小学校を活用した鳥の劇場

・米子の旧末次太陽堂ほか、米子中心市街地や中海周辺を活用したAIR475(エアよなご)
カナダからカーン・リーとシンディ・望月、日本から戸井田 雄の計3名のアーティストを招聘します。

Khan Lee 〈Hearts and Arrows〉

・現代美術家のホン・ヒュンキらを招聘する岩美郡岩美町の「岩美現代美術展」
・映画についてじっくり学ぶワークショッププログラム「浜村温泉湯けむり映画塾」
・フランス人演出家ディディエ・ガラスが、鳥取のまちを題材に書き下ろした台本を子どもたちと一緒にまちながで上演する「七つの人形 Sept Poupées(セ・プペ)」。

各拠点では展示や人形劇、ワークショップなど、
子どもから大人まで楽しめるイベントが予定されています。
詳細はプログラムをご覧ください。→こちら

また、県内各地で「芸術学校」と題したトークイベントを開催。
アーティストの日比野克彦さん(10月8日)、
アーツ前橋館長の住友文彦さん(10月31日)、
アートプロデューサーの相馬千秋さん(11月23日)を招き、
地域とアートの関係ついて、じっくり語り合う場をつくります。

また、アートと一緒に、
温泉や縁結び&パワースポットなど、
鳥取ならではの観光が楽しめるのもうれしい!
最新情報は公式サイトやFACEBOOKをご覧ください。

鳥取藝住祭2014
FACEBOOK

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ