colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

マーク・ニューソンのデザインと東北の職人技がコラボレーション。アートとしての日本刀「aikuchi」発表

コロカルニュース

posted:2014.3.18  from:宮城県大崎市  genre:ものづくり / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

世界中に愛好家がいる日本刀は、刀身のみならず刀装具も
伝統工芸の極みといえるもの。
日本が誇る伝統工芸の技術と、グローバルなデザインが真の意味で
コラボレーションするという、難しい課題を見事に成し遂げた
プロダクト「aikuchi」がこのたび発表されました。

これは宮城県大崎市の刀工・法華三郎信房(法華家)の刀を、
ロンドン在住のプロダクトデザイナー、
マーク・ニューソンがデザインしたもの。
日本に一時期在住していたマークは、日本の文化と
職人達の技に、もの作りの観点から大いなる尊敬心を持っていました。
刃物に深い造詣を持つ彼にとって、
「日本刀」は憧れの存在でもあったのだといいます。

法華家の刀身

そして作り上げられたのは、
刀身を法華家が作り上げ、それを収める
さやのグラフィックパターン、つばの加工法、
紐、収納ケース、ディスプレイに至るまで、
すべてマーク・ニューソンがデザインした刀。
東北を訪れたマークが東北の職人達のもとを訪れ、
技と意見を取り入れながらデザインしました。
収納ケースは東北伝統の「岩谷堂箪笥」、刀装具のデザインは
東北伝統の漆塗り「秀衡塗(ひでひらぬり)」の職人たちによるものです。

次のページ
コラボの意外なきっかけとは?

Page 2

左:高橋 裕士(WOW)、右:マーク・ニューソン

本プロダクトのプロデュースは、仙台発の
ビジュアルデザインスタジオ「WOW inc.(WOW)」。
WOWはこれまでCM映像やインスタレーション、ユーザーインターフェースのデザインなど
先鋭的なビジュアル表現で知られていたのですが、
今回初めてプロダクトのプロデュースを行いました。

珍しいコラボレーションが実現したのは、
WOWの代表である高橋裕士さんの生家が
法華三郎信房だったのがきっかけ。

法華三郎信房は、江戸時代の後期に刀工として働き始めた
初代から、現在の九代目まで長い歴史を持つ工房です。
宮城県指定無形文化財でもあり、伊達政宗が復興した刀の
伝法「大和伝」を作り出していることでも知られています。
同町の酒蔵「一ノ蔵」でも「大和伝」というお酒が作られているほど。

この、「aikuchi」を実際に見ることができるイベント
「WOW × Marc Newson “aikuchi exhibition”」が、
2014年3月20日(木)の10時~17時、東京都港区の東京美術倶楽部にて開催されます。
どなたでも入場可、入場は無料です。会場ではWOWによる新作インスタレーションと
コンセプトムービーも見ることができるそうです。
詳細は下記Webサイトにて。

aikuchi

Feature  これまでの注目&特集記事