colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

名古屋のシンボル・テレビ塔が
ギャラリーになる!
地元民手作りの展覧会
「くうちゅう美術館」

コロカルニュース

posted:2013.11.14  from:愛知県名古屋市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

愛知県名古屋市のシンボル、「名古屋テレビ塔」が
美術館になる!
そんな楽しいプロジェクト、「くうちゅう美術館」が
2013年11月16日にオープンします。

名古屋テレビ塔は、名古屋の中心街の
ショッピング地域に突如現れる、
白い姿が優雅な元・電波塔。いまでは
電波塔としての役割を終え、名古屋のシンボルとして
メインストリートにそびえたっています。

「くうちゅう美術館」においてはこのテレビ塔の2Fと3Fを使用。
名古屋を中心に活動する先鋭的なアーティストたちの
斬新な作品展示をはじめ、ユニークなグループによる展示ブースや、
参加型の作品、ワークショップ、ライブ、パフォーマンス等を行います。
ほかにも出展アーティストの作品をツアー形式で回ったり、
アートフリーマーケット、光と音楽によるライブイベント「電と池/塔/ライブ」
など盛り沢山です。

「くうちゅう美術館」は、一般公開型のオープンミーティングを重ねることで企画を進めてきました。こちらはミーティングの光景。

展覧会自体も、アーティストやクリエイティブな活動団体、
趣旨に賛同した一般の方といっしょに手作りで作り上げたプロジェクトなんです。
15日までは公開制作期間となっており、
アーティストたちが作品を制作、設置する生の現場を見ることができたり、
実際に制作に参加することもできます。

このプロジェクトは、あいちトリエンナーレのパートナーシップ事業。
トリエンナーレをきっかけに、アートが根付いていくのは素晴らしいことですね。
詳細は下記Webサイトにて。

みんなでつくるくうちゅう美術館

Cloud MUSEUM 2013

〜未来への“つながり”のはじまり〜

Feature  これまでの注目&特集記事