colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

京都・嵯峨嵐山に新しく
〈福田美術館〉が誕生!
コンセプトは「100年続く美術館」

コロカルニュース

posted:2019.9.27  from:京都府京都市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

〈福田美術館〉空撮全景

錚々たる有名画家の作品や幻のコレクション約1500点を所蔵

2019年10月1日、京都に新たな美術館がオープンします。
その名は〈福田美術館〉。古くから多くの貴族や文化人に愛され、
現在は観光地として栄えている嵯峨嵐山に誕生です。

「100年続く美術館」をコンセプトに
オーナーである福田吉孝氏の生まれ故郷であり、
現在も住んでいるという京都に恩返ししたいという想いで創建された同館。

エントランスロビー

エントランスロビー

廊下

「縁側」のような廊下

展示室

「蔵」をイメージした展示室

外壁ガラスの文様

「網代文様」をもとにデザインされた美しい外壁ガラス

建物は伝統的な京町家のエッセンスを踏まえつつ、
100年後も通用するような洗練されたデザインに。
周辺の自然に溶け込む外観、「蔵」をイメージした展示室、
「縁側」のような廊下、「網代文様」から着想された壁面ガラスなど、
随所に日本的な意匠が散りばめられています。

大堰川対岸の桜越しに望む福田美術館

大堰川対岸の桜越しに望む〈福田美術館〉

大きな水盤

嵐山を映し出す「水鏡」となる大きな水盤

カフェの内観

「渡月橋」が最も美しく見えるカフェ

庭には大きな水盤があり、目前を流れる大堰川(桂川)に
連なる水鏡のごとく、嵐山を映します。館内には、
この地のシンボルである渡月橋を一望できるカフェも併設。

次のページ

Page 2

気になるコレクションはというと、江戸から近代にかけての
錚々たる有名画家の作品や幻のコレクション約1500点を所蔵。
「たとえ美術に詳しくない方が見ても、感動を与えられるような」
作品が集められています。

『益田家本 伊勢物語図色紙 第二段「西の京」』

俵屋宗達『益田家本 伊勢物語図色紙 第二段「西の京」』

『長夜』

上村松園『長夜』

『露潤』

速水御舟『露潤』

中でも京都画壇の作品には特に力が入っているそう。
琳派、円山四条派から京都画壇への流れを押さえたラインナップは、
円山応挙、与謝蕪村、伊藤若冲ら江戸時代の絵師たちの作品をはじめ、
横山大観、上村松園、竹内栖鳳などの近代の名画、
さらに国内有数の竹久夢二コレクションまで揃います。
それらの中には、初公開のものや幻の作品も多数含まれるとのこと。

開館記念展として10月1日(火)から2020年1月13日(月・祝)までの期間、
会期をⅠ期・Ⅱ期に分け、ほぼ完全入替で福田コレクションの中から約80点の作品を展示。
狩野探幽の『雲龍図』といった本邦初公開のものもあるのだそうです。

来春には隣地にラグジュアリーホテルもオープンの予定。
昨年冬には嵯峨嵐山文華館(旧百人一首殿堂時雨殿)も開館し、
京都の嵯峨嵐山が文化の地としてますます発展しています。
これからより一層注目したいですね。

information

map

福田美術館

オープン日:2019年10月1日(火)

住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16

開館記念 福美コレクション展:2019年10月1日(火)~2020年1月13日(月・祝)

Web:https://fukuda-art-museum.jp/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ