colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

人と農と食とアートのある場所。
サステナブル ファーム&パーク
〈KURKKU FIELDS〉が
この秋、千葉県木更津市にオープン!

コロカルニュース

posted:2019.6.14  from:千葉県木更津市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛りな28歳。ファッションと写真とごはんが大好きです。

次世代の農場が2019年秋、千葉県木更津市に誕生

この秋、千葉県木更津市にて“これからの人や社会の豊かさを提案する”を
コンセプトに、“農業”、“食”、“アート”の3つのコンテンツを軸とした
サステナブル ファーム&パーク〈KURKKU FIELDS〉がオープンします。

プレイスの要となる30ヘクタールの広大な“耕す”農場では、
“次の世代にも使い続けられる農地へ”という考えのもと、
有機農業に取り組み、野菜の栽培と平飼い養鶏を9年以上続けてきました。

〈KURKKU FIELDS〉では、ワークショップや収穫体験など
バラエティに富んだコンテンツが用意されることになっており、
自然が持つ多様な姿を垣間見ることができます。

気になるフードは、場内で採れる四季旬菜をはじめ、
窯焼きピッツァや自家製酵母を使った焼きたてのパン、
畑を荒らすなどの理由で捕獲された野生のイノシシの
ソーセージやジビエ・シャルキュトリ、本州で唯一となる
水牛の飼育から手掛けたできたてモッツァレラチーズなど、
魅力溢れるメニューが目白押し。

次のページ

Page 2

ファームや敷地内のさまざまな場所には、自然光を使った
草間彌生の作品や、環境と調和したアート作品などが展示されており、
宿泊施設も今話題となっているタイニーハウス仕様で
なかなかサスティナブルでアートな内容となっています。

秋のオープンを前に、先頃の6月3日に〈KURKKU FIELDS〉の
コンセプトムービーとWebサイトが公開となりました。

今後も随時情報が公開されていくとのことなので、
気になる方はぜひチェックしてみてください。

information

map

KURKKU FIELDS

住所:千葉県木更津市矢那2503

Web:http://www.kurkku.jp

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ