colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧

news

歌川広重とドラえもんがコラボ、
浮世絵木版画に登場!
「東海道五十三次内
蒲原 夜之雪」がモチーフ

コロカルニュース
vol.2217

posted:2017.10.8  from:静岡県  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

『ドラえもん』の世界と浮世絵が融合!
江戸の時代、風景画において葛飾北斎と肩を並べる
人気絵師だった、歌川広重の最高傑作と呼ばれる全55図「東海道五十三次」。
その中から、「東海道五十三次内 蒲原 夜之雪」をモチーフにした
『ドラえもん』浮世絵木版画が販売されます。

江戸時代から最高の技術を継承する職人たちによって、
雪明りに照らされたドラえもんたちが描かれる、
美しい作品です。限定300部、販売価格は39,960円(税込)。
ただいま予約を受け付けています。

元絵となっているのは、歌川広重の江戸時代最も売れた
浮世絵連作のひとつであり、後に西洋美術にも多大な
影響を与えた「東海道五十三次内 蒲原 夜之雪」。

現在の静岡県静岡市清水区で、東海道五十三次の十五番目の宿場です。
実際、特に雪深い地域でもないので、謎多き作品とも言われています。

背景の繊細で柔らかな表現、ドラえもん達のそれぞれのキャラクターの
個性を活かしながらの彫上げ、墨の濃淡を巧みに使い分ける摺り。
そして最高級の生漉奉書和紙の風合いを堪能できる作品です。

次のページ
人間国宝による和紙

Page 2

本作品の制作に携わったのは、
浮世絵木版画摺彫技術保存協会理事長である彫師・渡辺和夫さん、
文化庁・無形文化財選定保存技術認定職人の摺師・吉田秀男さん、
国指定重要無形文化財(人間国宝)の和紙・九代 岩野市兵衛さん。

最高級の和紙(越前生漉奉書)の風合いと、三十数回におよぶ
摺り重ねによる色彩が特徴の本作品。モダンなインテリアにも馴染みそうです。
詳細・ご予約は公式サイトにて。

information

「ドラえもん」浮世絵木版画

販売価格:39,960円(税込み・別途送料)

販売数:限定300部

Web:公式サイト

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend