colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

2020年、〈HOMEMAKERS〉は
どんなふうに変わった?

小豆島日記
vol.262

posted:2020.12.28  from:香川県小豆郡土庄町  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。
https://homemakers.jp/

大きく変わった生き方、働き方

思いもよらぬ日々が続いた2020年も残りわずかとなりました。
いままでとは生き方、働き方が本当に大きく変わった1年。
私たち〈HOMEMAKERS〉にとっても大きな変化があった年でした。
2020年最後の「小豆島日記」なので、
今回はそんな変化についてまとめておこうと思います。

2020年3月、あれよあれよとコロナ感染が広がり、
子どもの学校は突然休校となってしまいました。

このあたりから私たちの生活にいろいろな変化が起こり始めました。
地域の伝統行事「肥土山(ひとやま)農村歌舞伎」の開催は中止され、
いつもなら練習や準備で大忙しなのに、ぽっかりと予定があいてしまいました。
それと同時に、オンラインストアでの個人のお客様からの野菜の注文がぐっと増え、
注文対応が少しずつ忙しくなってきました。

不要不急の外出が制限され、スーパーに野菜を買いに行くことも大変な時期がありました。

不要不急の外出が制限され、スーパーに野菜を買いに行くことも大変な時期がありました。

ご注文を受けた分だけ収穫、その日のうちに発送します。

ご注文を受けた分だけ収穫、その日のうちに発送します。

4月に入り、毎週金・土曜日にオープンしているカフェの営業を
しばらくお休みすることにしました。
当時更新したSNSにはこんなふうに書いています。

「HOMEMAKERS Farm & Cafe には、
島の外から来てくださる方もたくさんいますし、近所の方々もよく来てくださいます。
古家を改修した狭いカフェで、さらにコミュニケーションも比較的濃厚なので、
ここでいろいろな人が出会うことで感染を広げてしまわないようにという思いです。

そして今は、皆さんが家で心地良く過ごせるように、
野菜やシロップなどの加工品をお届けすることに専念します。
配送会社の方々がいつもと変わらず動いてくださることに感謝し、
私たちは小豆島から心を満たしてくれるおいしいものを届けます。

旬野菜セットやジンジャーシロップはいつも通り発送いたします。
皆さんの家での時間が少しでも豊かになりますように」

このあと、7月にカフェの営業を再開したのですが、カフェオープン日は土曜日のみに。
それまで週2日営業していたカフェを週1日営業に減らし、
その分、畑仕事や、野菜やシロップの出荷作業の時間を増やしました。
農業と発送業務により重きを置くように。

カフェからの眺めはすっかり冬景色。〈HOMEMAKERSカフェ〉は現在冬季休業中です。

カフェからの眺めはすっかり冬景色。〈HOMEMAKERSカフェ〉は現在冬季休業中です。

2020年最後のHOMEMAKERSのスパイスカレーは、ジンジャーポークカレー。

2020年最後のHOMEMAKERSのスパイスカレーは、ジンジャーポークカレー。

冬季休業前最後の日は、たくさんの常連さんたちが来てくれました。ホリデイケーキをご用意しました。

冬季休業前最後の日は、たくさんの常連さんたちが来てくれました。ホリデイケーキをご用意しました。

次のページ
新しく始めたこともあれば、やめたことも

Page 2

実は、これは偶然のタイミングだったのですが、
4月末にHOMEMAKERSのWebサイトオンラインストアのリニューアルをしました。
もっと個人のお客様とのつながりを大切にしたい、
オンラインストアに力を入れていきたいと前々から計画していたのですが、
このリニューアルが私たちにとっては大きな救いでした。

4月は飲食店や小売店さんからの野菜やシロップの注文がほぼゼロ。
売り上げが大きく減りましたが、それをカバーしてくれたのが
個人のお客様からのご注文でした。

みなさん新しいオンラインストアに追加した
小豆島の食材セットなどを購入してくださり、
購入という行為を通して、私たちを応援してくれていたと思うのですが、
本当にそのおかげでいまがあると思っています。

4月末にリニューアルしたHOMEMAKERSのWebサイト。いままで伝えられなかった思いをたくさん書きました。

4月末にリニューアルしたHOMEMAKERSのWebサイト。いままで伝えられなかった思いをたくさん書きました。

オンラインストアには私たちが育てた野菜と合わせて、小豆島の友人がつくった調味料なども並んでいます。

オンラインストアには私たちが育てた野菜と合わせて、小豆島の友人がつくった調味料なども並んでいます。

それと今年始めたこととして、HOMEMAKERSの
LINE公式アカウントの運用も始めました。
個人の方とのつながりを強めたい、
もっとコミュニケーションを気軽にとりたい、そんな思いから。
私たちからは毎週収穫できる野菜をお知らせしたり、お客様からは
「今週は野菜と合わせてお米を一緒に送ってください」とご連絡いただいたり。

まだまだ始めたばかりで友だちは少ないですが、
確実にいままでできなかったコミュニケーションが生まれていると思います。

ただ野菜を届けるだけじゃなくて、野菜のおいしい食べ方やおすすめの調味料なども届けたいなと思っています。

ただ野菜を届けるだけじゃなくて、野菜のおいしい食べ方やおすすめの調味料なども届けたいなと思っています。

「子持ち高菜の葉」をごま油で炒めたもの。炒める、茹でる、焼くなどシンプルな料理で!

「子持ち高菜の葉」をごま油で炒めたもの。炒める、茹でる、焼くなどシンプルな料理で!

この1年で、オンライン上のHOMEMAKERSという存在は
少し成長したように思います。実際、オンラインストアでの売り上げは
昨年比の3倍ほどになりました(もとが少ないのですが、汗)。

その代わり、営業日数を減らしイベントなどへの出店もなかった
カフェ売り上げは、昨年の30%くらいになりましたし、
飲食店、小売店さんなどのお店向けの売り上げも大きく減りました。

それともうひとつ、農業にかける時間が増えたことにより、
いつもよりひとつひとつの作業をしっかりできたように思います。

畑仕事ってタイミングがとにかく大切なのですが、
霜が下りる前に収穫を終えるとか、雨の時期になる前に畝立てを終わらせるとか、
そういうのをギリギリながらもなんとかやりきれました。
わかっていても毎年少しずつタイミングが遅くて、野菜を腐らせてしまったり、
種まきのタイミングが遅くなってしまったり(結果、ちゃんと育たない)。
しっかり作業できた分、野菜の収穫量も増え、野菜の売り上げも増えました。

年内最後の大仕事、玉ねぎの定植。無事に終わりました!

年内最後の大仕事、玉ねぎの定植。無事に終わりました!

本当に考えることが多く、変化の多い1年でした。
新しく始めたこともあれば、やめたこともあります。
もちろんずっと変わらず続けていることもあります。
まだまだやりたいことがたくさんあって、2020年が終わるからといって
何かが終わるわけでもなく、来年もこんな感じで続けていきます。

今年も小豆島日記を読んでくださってありがとうございました。
2013年から7年書き続けてきて今回が262回目の日記です。
まさに継続は力です! 来年もどうぞよろしくお願いいたします。
みなさま、良いお年を!

information

map

HOMEMAKERS 

住所:香川県小豆郡土庄町肥土山甲466-1

営業時間:土曜のみ 11:00~17:00(L.O. 16:00)*冬季休業(2021年2月20日から営業再開予定)

https://homemakers.jp/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ