colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

老若男女が集う新しい公共空間、Umaki camp

小豆島日記
vol.057

posted:2014.5.26  from:香川県小豆郡土庄町  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer's profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が異様に強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家を改装し、カフェをオープン。
http://homemakers.jp/

いろいろな人をつなぐ場所。

小豆島には「馬木(うまき)」という地区があります。
お醤油蔵が立ち並び、「醤の郷(ひしおのさと)」という
観光エリアにもなっているところ。

そのエリアの住宅地のど真ん中に、Umaki camp(以下、馬木キャンプ)があります。
馬木キャンプは、瀬戸内国際芸術祭2013(以下、瀬戸芸)の作品として、
大阪を拠点に活動されている「ドットアーキテクツ」さんの
設計・施工によってつくられました。

瀬戸芸の会期終了後も、地域の人たちが集まったり、
イベントの会場として使われたり、公共空間として地域に開かれている場所。
ひとことでは説明できないこの空間は、ヤギと遊べる公園でもあるし、
おいしいものが食べられるキッチンでもあるし、ライブ会場でもある。
使う人と使われ方によって、ほんとにいろんな表情をする。

馬木地区にある馬木キャンプ。住宅地のど真ん中にあります。

馬木キャンプのキッチン。外に対してとてもオープン。

そんな馬木キャンプで、先日「SASAKLA Live in 小豆島」が開催されました。
SASAKLAさんは去年も小豆島でライブをされているミュージシャン。
今回はスピーカーなしで、私たちのとてもとても近くで
ギターを弾きながら歌ってくれました。

「SASAKLA Live in 小豆島」スタート。最初は屋内で。

接する道路からの眺め。こんなふうに明かりと音が漏れてくる。

ライブは平日の夜6時半からスタート。
まずは腹ごしらえと、無料で振る舞われたカレーをいただきました。
実は馬木キャンプには最近ピザ窯がつくられて、
その窯で焼かれたパンやチャパティ(インドの薄焼きパン)も振る舞われました。
まさに焼き立て、最高の晩ごはんです。

この日はカレーやご飯などが無料で振る舞われました。

カレー大盛り(笑)。

ピザ窯でパンを焼いてくれる友人のちほちゃん。焼き立て最高。

少しずつ暗くなる中、SASAKLAさんの歌声が優しく響く馬木キャンプ。
後半は、外で焚き火を囲んで。
子どもも大人もみんながその場の雰囲気を楽しんでいました。

馬木キャンプの前の広場で焚き火を囲んでSASAKLAさんの歌。

子どもも大人もみんな一緒に。

そのライブには、島のエリアを越えて、世代を超えて、
ほんとにいろんな人たちが来ていました。
地域の人だけじゃなくて、その外の人も一緒に。
若者だけじゃなくて、子どもも年配の方も一緒に。
そういうさまざまな人が集まる場。

馬木キャンプは、まさにそのコンセプトである
「このエリアに暮らす人たちと、ここを訪れた人々をつなぐ仕組みをつくり出す」
そんな場所になりつつあるんあだなと感じました。
まだまだ続くこれからこの空間で起こることがとても楽しみです。

information

map

HOMEMAKERS

住所 香川県小豆郡土庄町肥土山甲466-1
営業時間 金曜、土曜のみ 11:00~17:00(L.O. 16:00)
http://homemakers.jp/

Feature  これまでの注目&特集記事