colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

次世代写真家が見た東北と沖縄。
注目の写真展『東北・沖縄』

コロカルニュース

posted:2016.9.8  from:東京都港区  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Ichico Enomoto

榎本市子

えのもと・いちこ●エディター/ライター。東京都国分寺市出身。テレビ誌編集を経て、映画、美術、カルチャーを中心に編集・執筆。出張や旅行ではその土地のおいしいものを食べるのが何よりも楽しみ。

copyright Masaru Tatsuki, courtesy of the artist and GALLERY SIDE2

田附勝と石川竜一、木村伊兵衛写真賞を受賞している新進気鋭の写真家ふたりによる、
東北と沖縄をテーマにした写真展が、伊藤忠青山アートスクエアで開催中です。

田附勝は、1974年富山県生まれ。
装飾を施したトラックとドライバーを撮影した写真集『DECOTORA』が話題に。
2006年からは東北地方に通い、東北の信仰や儀式、漁師や鹿猟などを撮影し続け、
2011年に写真集『東北』を刊行。2012年に木村伊兵衛賞を受賞しています。

copyright Masaru Tatsuki, courtesy of the artist and GALLERY SIDE2

石川竜一は、1984年沖縄県生まれ。
沖縄の島を走り回り出会った人々を撮影した『okinawan portraits 2010-2012』、
沖縄のありのままの風景をとらえた『絶景のポリフォニー』を2014年に刊行。
2015年に木村伊兵衛賞を受賞し、いま最も注目される写真家のひとりです。

今回は、写真評論家、清水穣氏のキュレーションにより、
東北と沖縄という、地域や風土はまったく違えど、
ともにその土地の人々との出会いや、経験を共有することから生まれる写真を
展示する展覧会が実現。次世代の注目写真家による、
東北と沖縄を写し出した力強い作品に触れることができます。

9月10日には、キュレーターと両作家3人によるトークショーも開催。
彼らが見た東北と沖縄の現在とは。
旅しただけではわからない、東北と沖縄のリアルな姿が垣間見えそうです。

information

map

田附勝・石川竜一写真展 
『東北・沖縄』

会期:2016年9月7日(水)〜9月19日(月)会期中無休

会場:伊藤忠青山アートスクエア(東京都港区北青山2-3-1 シーアイプラザB1F)

入場料:無料

■清水穣×田附勝×石川竜一トークショー

日時:2016年9月10日(土)14:00〜15:00

出演:清水穣、田附勝、石川竜一

会場:伊藤忠青山アートスクエア

入場料、申し込み不要

http://www.itochu-artsquare.jp/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ