colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

苔玉そっくり〈苔玉アイス〉。
苔の聖地・奥入瀬渓流ホテル
から登場!

コロカルニュース

posted:2016.5.5  from:青森県十和田市  genre:旅行 / 食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

ちかごろ、手軽なインテリアとして、
若い女性の間でもじわじわとファンが増えている“苔玉”。
このたび、“苔の聖地”こと青森・奥入瀬渓流のほとりに建つ
リゾートホテル〈星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル〉に、
苔玉にそっくりな〈苔玉アイス〉が登場!
2016年6月1日より、ホテル内のラウンジ〈森の神話〉にて提供されます。

奥入瀬渓流が“苔の聖地”と言われる理由は、
いま日本にある約1800種類の苔のうち、約300種類が生息しているから。

〈苔玉アイス〉は抹茶のアイスクリームに
ほうれん草のパウダーをまぶし、苔玉を表現した、
奥入瀬渓流ホテルのオリジナルスイーツ。
渓流を表現した青りんごのジュレとともに召し上がれ!

〈苔玉アイス〉がいただけるラウンジ〈森の神話〉は、
岡本太郎のモニュメント〈森の神話〉が中央にそびえるところ。
窓から拡がる大自然と苔を眺めながら、
味覚から涼しくなれそうです。

次のページ
苔日和!雨の日限定プログラムも

Page 2

そして奥入瀬渓流ホテルでは、
2016年11月24日まで、雨の日限定のプログラムを実施中。
ネイチャーガイドとともに奥入瀬渓流を散策する〈雨さんぽ〉や
雨の日ならではの特別講義〈森の学校〉、
簡単に作って持ち帰ることのできる〈苔アクセサリー作り〉などを行います。

〈雨さんぽ〉では、水滴をまとった苔のミクロワールドが楽しめます。
憂鬱になってしまいがちな旅行中の雨降りですが、
これなら楽しい思い出になりそうです。

奥入瀬渓流は、太平洋から吹く冷たく湿った季節風
“ヤマセ”が作り上げた、湿潤な緑の谷。
清らかな水が流れる場所にしか生息できない苔は、
いま、環境破壊などにより多くの品種が絶滅の危機に瀕しています。

まもなく訪れる梅雨の季節。
ぜひ苔の聖地で、その世界の美しさに触れてみてはいかがでしょう。
予約など、詳細は公式サイトにて。

information

map

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

住所:〒034-0398 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231

TEL:0570-073-022

Web:公式サイト

Feature  これまでの注目&特集記事