colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

知床の〈流氷露天風呂〉
これは一度入ってみたい!
流氷を見ながら温泉に浸かる

コロカルニュース

posted:2016.3.3  from:北海道斜里郡斜里町  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

毎年この時期になると、北海道の知床半島では
海を埋めつくす“流氷”が見られます。
知床にやってくるのは、アムール川でつくられた流氷。
ゆっくり南下して1月下旬ころ知床半島に接岸し、
オホーツク海を満たしていくんです。

なんと今年、この流氷を眺めながら、
あったかーい温泉に浸かることができる夢の様なお風呂、
〈流氷露天風呂〉が誕生しました!
お風呂は源泉を使用したホンモノの温泉です。
2016年3月20日(日)までの期間限定オープンだそう。

浴槽が2つあります

〈流氷露天風呂〉は、オホーツク海の流氷を
一望できる浴槽が2つあって、基本的に男女別湯になっています。
上記の旅館の宿泊客は無料で優先的に入湯できますが、
お一人様1,080円を払えば宿泊客以外の利用も可能。

空き状況により、貸切45分も出来ます。貸し切りのお値段は3,240円です。
利用されたい場合、次ページのインフォメーション欄にある
〈国民宿舎 桂田〉さん宛に事前にご予約ください。

次のページ
実験的な取り組みでのオープン

Page 2

この〈流氷露天風呂〉を作ったのは、
知床の旅館〈世界自然遺産の宿 しれとこ村〉と
世界遺産に一番近い宿こと〈国民宿舎 桂田〉を
経営する有限会社しれとこ村。
この温泉、今期は実験的な取り組みでのオープンとなり、
来期はより流氷に近い海岸沿いでの展開を予定しているのだそう! 
いつか行ってみたいですね。

information

map

流氷露天風呂

住所:斜里郡斜里町ウトロ東361

TEL:0152-24-2752

営業時間:13:00~17:00

定休日:※事前にご予約ください

営業期間:2016年2月29日(月)~3月20日(日)まで

営業場所:〈国民宿舎 桂田〉の目の前

Webサイト:国民宿舎 桂田

Feature  これまでの注目&特集記事