colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

山形市民による
ビエンナーレ展示作品とは?
〈みちのおくつくるラボ〉の
プロセスデザイン展

コロカルニュース

posted:2016.2.12  from:山形県山形市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

今秋、山形で開催される〈みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ 2016〉。
昨年の開催テーマは「山をひらく」だったこの芸術祭、
今年はいったいどんな祭典になるのでしょうか?

今年の開催に向けて、芸術祭の参加作品を
山形市民とクリエイターがともにつくりあげていく
〈みちのおくつくるラボ〉の成果発表が、
東京・荻窪の〈カフェ6次元〉にて、
2月19日(金)~21日(日)の三日間にわたり展示されます。

カフェ6次元(杉並区上荻)

〈みちのおくつくるラボ〉とは、
山形県内外の市民と第一線で活躍するクリエイターが、
ともに山形の魅力を掘り起こし形にしていくプロジェクト。
東京では「本と街と芸術祭」をテーマに
マイクロライブラリー本棚や、街歩きガイドブック、
山形ビエンナーレ記録集を中心にご紹介。
<EHON LABO>講師のミロコマチコさんによる原画も展示しています。

3期目となる今回は、新たに70名の市民が参加し、
第一線で活躍するデザイナーや絵本作家とともに、
野や街に出て“山形の魅力を掘り起こし、市民目線で表現する”活動に参加しました。

行われたプログラムは、山で採集した天然素材や和菓子の技を、
新発想で活かす〈WAGASHI LABO〉と〈MIYAGE LABO〉のお土産づくり。
街をまるごと図書館にする、
〈MAP LABO〉と〈KAGU LABO〉によるマイクロライブラリーの実験。
心市街地や里山の暮らしの変化を聞き書きによって捉え、
絵本や記録集にまとめる〈EHON LABO〉と〈BOOK LABO〉など個性的!
いったいどんな展示になっているのでしょうか。

次のページ
山形でも開催

Page 2

この成果展示は、山形市でも開催中。
〈東北芸術工科大学〉会場では14日(日)まで、
〈とんがりビル〉会場では21日(日)まで展示されています。

ミロコマチコさんによる立体絵本や、
山伏と老舗和菓子屋による行事菓子の試作品、
〈山姥市〉のぼり旗、マイクロライブラリー本棚、など
芸術祭を予感させる、興味深い作品がいろいろです。
詳細はWebサイトにて。

information

みちのおくつくるラボ 成果展

Webサイト:www.tuad.ac.jp

■山形・東北芸術工科大学会場

会期:2016年2月9日(火)〜14日(日)10:00〜17:00

会場:東北芸術工科大学本館1階エントランスホール北側

※入場無料/卒業制作展会期中

■山形・とんがりビル会場

会期:2016年2月11日(木・祝)〜21日(日)12:00〜18:30 

会場:とんがりビル(山形市七日町2-7-23 旧オハラビル)

※入場無料/火・水休館

■東京会場

会期:2月19日(金)~21日(日) 15:00~22:00

会場:カフェ6次元(東京都杉並区上荻1-10-3 2F)

Feature  これまでの注目&特集記事