colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

種差海岸の
世界観にひたる
〈TANESASHI CAFE〉
期間限定オープン

コロカルニュース

posted:2016.1.30  from:青森県八戸市  genre:食・グルメ / 活性化と創生

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

青森県八戸市にある〈種差海岸〉のポップアップカフェ、
〈TANESASHI CAFE〉が2016年2月1日(月)、
東京・渋谷ロフト2F〈Shibuya City Lounge〉にオープンします。

広大な天然芝生!

種差海岸は、日本でも珍しい景色が広がるエリア。
ウミネコが空を舞い、海から吹き注ぐヤマセの影響で
高山植物が咲き乱れています。
波打ち際まで敷き詰められた広大な天然芝生や、
樹齢100年以上の松並木がつづく「淀の松原」、
鳴砂が有名な、2km以上にわたる砂浜「大須賀海岸」など、
穏やかで表情豊かな風景が拡がる、
10km以上にわたる地域の総称が〈種差海岸〉なんです。

八戸産スルメイカとみどり野菜のジェノベーゼパスタ 田子にんにくのガーリックトースト添え/1000円

カフェでは、そんな種差海岸自慢のメニューが登場。
ランチでは、全国一の水揚げを誇る八戸産のイカや“田子にんにく”など、
青森の食材をふんだんに使った
〈スルメイカとみどり野菜のジェノベーゼパスタ〉をご提供します。
これは種差海岸の芝生地をイメージした、色鮮やかな緑色のパスタ。
甘みと歯応えが特徴の八戸産スルメイカと春野菜を、
香り高いバジルのジェノベーゼソースで合わせました。
天然酵母バゲットと、国産最高峰の青森県田子にんにくを使用した
ブルゴーニュトーストを添えた、おしゃれな一皿。

八戸産焼きスルメイカと春野菜のチーズリゾット パルメジャーノ飾り 1300円

こちらがディナーメニューの、
〈八戸産焼きスルメイカと春野菜のチーズリゾット パルメジャーノ飾り〉。
八戸産スルメイカを丸ごと1パイ、芽キャベツ、チェリートマト、
そしてパプリカをコク深いパルミジャーノチーズで合わせたリゾットです。
色鮮やかな見た目も楽しく
春の訪れを感じさせてくれそう。

次のページ
蕪嶋神社復興の願い

Page 2

蕪嶋神社

ところで種差海岸の八戸の入口・蕪島の頂上にあった神社〈蕪嶋神社〉が
2015年11月、火事で全焼してしいまいました。
蕪島はウミネコの巣を間近で観測できる日本でも珍しい場所ということで
1922年に天然記念物に指定されたところ。
在りし日の〈蕪嶋神社〉では、ウミネコのふん対策で、
晴れでも傘をさして参拝する光景が名物になっていたんです。
カフェでは、神社復興のための募金箱の設置や、
ウミネコ300羽以上の群れを表現した2m級のオブジェなどもご用意。
種差海岸の雰囲気を味わえる空間になっています。
開催は2月29日(月)まで。

information

map

「TANESASHI CAFE」

開催店舗:渋谷ロフト2F「Shibuya City Lounge」

住所:東京都渋谷区宇田川町21-1

TEL:03-3780-1616

営業時間:11:00 〜 23:00

定休日:なし

期間:2016年2月1日(月)~2月29日(月)

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ