colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

食材の宝庫、佐渡から
インスパイアされた
〈ANDAZ TOKYO ×
DINING OUT〉

コロカルニュース

posted:2016.1.22  from:新潟県佐渡市  genre:食・グルメ / 活性化と創生

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

食を通じて地域経済の活性化を目指す地域振興プロジェクト、
〈ダイニング・アウト〉。
これは日本の地方のまちを訪ね、その地域の厳選食材で、
一流のシェフが腕によりをかけてつくる料理を、
最高のロケーションでいただくプレミアム・レストランです。
これまでに新潟県佐渡市や静岡県静岡市で開催され、
コロカルでもご紹介してきました。

この〈ダイニング・アウト〉が、
東京・虎ノ門にあるホテル〈アンダーズ 東京〉の
メインダイニング〈アンダーズ タヴァン〉にやってきます!
期間は2016年1月29日(金)から2月29日(月)まで。
〈ダイニング・アウト〉初開催の地、佐渡の食材をテーマに、
トップシェフが腕をふるうスペシャルメニューが
ランチとディナーで提供されるのです。
登場するのは、アンダーズ 東京の総料理長ゲハード・パスルガーと、
〈DINING OUT SADO〉で料理を担当した
東京・赤坂〈TAKAZAWA〉の高澤義明シェフ。
佐渡茶でマリネしたり、カキフライのタルタルソースに甘酒を使ったり、
イマジネーションあふれるメニューが並びます。

佐渡茶でマリネした両津港水揚げブリのスモーク 洋ナシ「ル・レクチェ」とタラゴンピューレ ビーツのマリネ

イベントの最初を飾る1月29日(金)と30日(土)の2日間は、
二人が佐渡島を訪れ、現地で出会った旬の海や大地の恵みを存分に活かし、
それぞれのインスピレーションと感性で創り上げた至高のメニューを提供するスペシャルコース
〈ANDAZ TOKYO x DINING OUT Special Collaboration~Inspired by SADO~〉をご用意。

ランチコースは6,000円、ディナーコースは18,000円と22,000円の2コースがあります。 
ランチでは〈佐渡島産牛蒡のフラン 杉と松葉の香り 甲殻類のクレム〉
といったメニューがあるほか、ディナーコースにはお食事に合うお酒・ワインのペアリングも!

例えば〈活南蛮海老のトムヤムクン 白子のタルタル 黒トリュフ 
佐渡さかや農園の林檎と赤泊産ズワイ蟹〉を
佐渡の酒蔵〈加藤酒造 金鶴 純米活性にごり酒〉と一緒にいただいたり、
思いもつかないような、ワクワクするような組み合わせが楽しいですね。

新潟県産青首鴨のクレイポット かりん、八幡芋、牛蒡のロースト 松葉の香り

次のページ
2人のトップシェフによる夢の饗宴

Page 2

冷製ブリ大根  ~クラシックから新しい形へ~

1月31日(日)からは、二人が佐渡の食材を贅沢に使用して
考案したメニューをランチはアラカルトで、
ディナーはアラカルトと3種類のコースメニューで提供する
〈Made in Sado Island〉を開催。
高澤シェフが〈DINING OUT SADO〉で生み出した“幻のメニュー”、
〈佐渡島黒豚玄米のカルボナーラ~循環農法をお皿の上で~〉と
〈旬のお魚のブイヤベース~羽衣をデザインして~〉も登場しますよ。
同じ食材を使いながらも、それぞれの異なる感性で繰り広げられる、
佐渡の豊かな食・文化にびっくりです。
ランチとディナーそれぞれ限定100名様、
ご予約はお電話もしくはメールにて。

■メニューの一例

・佐渡島産カリフラワーのサラダ ビーツでマリネしたブリ

・佐渡島産牛蒡のフラン 杉と松葉の香り 甲殻類のクレム

・旬のお魚のブイヤベース ~羽衣をデザインして~ 佐渡島産根野菜添え

・佐渡島黒豚玄米カルボナーラ ~循環農法をお皿の上で~ 佐渡島産根野菜添え

・佐渡島産あんぽ柿と自家製ヨーグルト

・旬のお魚のブイヤベース ~羽衣をデザインして~

〈甲州鳥居平今村〉とご一緒に

・白子のタルタル 黒トリュフ 佐渡さかや農園の林檎と赤泊産ズワイ蟹

〈加藤酒造 金鶴 純米活性にごり酒〉とご一緒に

・佐渡島黒豚 杉の香りのポークロインと豚鼻、テール、豚足の煮込み 
クリスピーな豚耳と南蛮海老を添えて  カリフラワー 菊花 佐渡産シーソルト

〈オーストリア ピノノワール レオ ヒリンガー〉とご一緒に

・佐渡島黒豚玄米カルボナーラ ~循環農法をお皿の上で~

〈越後レッドエールビール〉とご一緒に

・カキフライ 甘酒のタルタルソース ~お馴染みのフライをデザートに!?~

〈オーストリア ベーレンアウスレーゼ キューベ アロイス ケルヒャー〉とご一緒に

・佐渡産あんぽ柿と自家製ヨーグルト 佐渡島のトプフン 大吟醸酒ゼリー 柿のマリネとシャーベット

〈オーストリア産オーガニックカモミールティー 佐渡産蜂蜜〉とご一緒に

information

map

アンダーズ タヴァン 〈ANDAZ TOKYO x DINING OUT Special Collaboration~Inspired by SADO~〉

住所:東京都港区虎ノ門1-23-4 虎ノ門ヒルズ アンダーズ 東京51階

TEL:03-6830-7739

営業時間:朝食 6:30 ~ 11:00 (ラストオーダー 10:30) 、ランチ 11:30 ~ 15:00、ディナー 18:00 ~ 22:00

期間:2016年1月31日(日)~2月29日(月)

ランチ 11:30 ~ 15:00/ディナー 18:00 ~ 22:00

予約専用メールアドレス:tokyo.restaurant@andaz.com

Webサイト:restaurants.andaztokyo.jp

Feature  これまでの注目&特集記事