colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

青森から悲願の「特A」米、
「青天の霹靂」誕生。
いちはやく食べられるイベントが
東京・青山で開催

コロカルニュース

posted:2015.10.23  from:青森県平川市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

米どころ・東北のなかでも青森県は寒冷地。
寒さに強く味もよい米を追求してきたのですが、
日本穀物検定協会による「米の食味ランキング」にて、
どうしても最高評価「特A」を取ることができませんでした。
それでも、どうしても「青森県産のおいしいお米が作りたい」と
開発に挑むこと10年。
今年、「ひとめぼれ」を元に開発された新品種、「青天の霹靂」が
悲願の「特A」を獲得しました!
八甲田や白神山地の緑、そこに降る雨、清冽な水によって育まれた
このお米は、さっぱりしているのに、甘みと旨みが後をひく。
いろんなおかずとの相性が素晴らしい、そんなおいしいお米なんだそう。

平川市杉館の田園。

この「青天の霹靂」、ホヤホヤの新品種なので、まだまだ流通量が
限られています。いちはやくそのおいしさを体験してもらうべく、
10月24日、25日の2日間、東京・青山の「コミューン246」にて
「青山青森村」イベントを開催します。
イベントでは、会場に謎の「おむすび自飯機」が出現。
また「青天の霹靂」の名前にちなんだ「あること」に参加していただいた方
全員に、「青天の霹靂おむすび」2つセットをプレゼント。
「陸奥湾ほたてまるごとむすび」、「奥入瀬ガーリックポークむすび」、
「八戸前沖さばほぐしむすび」など、おいしそうなおむすびがラインナップしています!
また会場内コラボ店舗では、青森食材を使った限定のオリジナルメニューも販売。
「青天の霹靂」と「青森おかずの魅力」が存分に味わえそうです。

次のページ
「青森県庁ごはん部」がプロモーション

Page 2

「青天の霹靂」のプロモーションを行うのは、
青森県庁に出来た新しい部署、「青森県庁ごはん部」。
青森といえばりんごやまぐろ、にんにくなどのイメージがありますが、
これからは「お米もおいしい」というイメージを広めていくのだそう。
県知事らも登場する「青天の霹靂」Webサイトは
こちらから!

■青森米の新品種「青天の霹靂」デビュー記念イベント
「青天の霹靂」がやってきた!青山青森村

2015年10月24日(土)、25日(日)

時間:12:00ー20:00

会場:コミューン246(東京メトロ表参道駅から徒歩2分)

住所:東京都港区南青山3丁目13

Feature  特集記事&おすすめ記事