colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

ブラッシュブランド
「SHAQUDA」に要注目。
熊野の伝統と
洗練されたデザインがひとつに!

コロカルニュース

posted:2015.9.16  from:広島県安芸郡熊野町  genre:ものづくり / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

江戸時代から続く全国一の筆の産地、広島県安芸郡熊野町から、
熊野化粧筆の伝統と洗練されたデザインが融合した
ブラッシュブランド〈SHAQUDA(シャクダ)〉が誕生しました。

今年の6月、「けしきを みたす」というコンセプトのもとにスタートしたこちらのブランド。
「けしきを みたす」という言葉には、
手作業で仕上げた穂先と環境に優しいデザインが
使うひとの所作を美しく、素肌にこころよく、
心に映るけしきを豊かに満たすように、という思いが込められています。

上の写真は、SHAQUDAの〈UBU(ウブ)〉シリーズ。
木製の長い柄とこだわりの穂先がなんとも優美ですね。
デザインを手がけたのは、デザイナーの寺内ユミさん (TERAUCHI DESIGN OFFICE)。
なめらかさを追求した穂先のうつくしさを最大限に生かし、
筆本来のオーセンティックなスタイルに帰依した、
手になじむフォルムに仕上がっています。

この新しいブラッシュを手がけたのは、広島県にある化粧筆メーカー「瑞穂」。
素材選びから整毛、加工、組立、検品までの工程を一貫して行っている、筆総合メーカーです。

次のページ
人の手にしかできない、繊細な筆づくり

Page 2

世界中のメイクアップアーティストや
ブランドから高く評価されている熊野の筆は、一本一本が手づくり。

180余年熊野に受け継がれてきた技術と職人さんの手によって、
毛の性質や穂先の固さ、形状などを読みとりながら仕上げられていきます。
もちろんSHAQUDAの筆も、瑞穂の筆職人さんが手づくりしています。

化粧筆の初心に回帰した、金具も機械も使わない、エシカルなものづくり。
伝統と現代のデザイナーが出会って、
こんなに洗練されたデザインで発売されるなんて嬉しいですね。

9月16日(水)、SHAQUDAが
新宿伊勢丹B2Fの〈ビューティアポセカリー〉と
リニューアルオープンした銀座三越地下1階の化粧品売場
〈ギンザコスメワールド トータルコスメ〉にて先行発売されました。
一般発売は公式オンラインショップにて11月11日から(現在制作中)。
ウォールナットの温もりやこだわりの穂先が生み出す心地よさに、ぜひ肌でふれてみたいですね。

SHAQUDA
Facebook
Instagram

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店

    Recommend