colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

「土屋鞄製造所 軽井澤工房」
職人の手仕事を間近に見る、
人生で一度きりのランドセル選び。

コロカルニュース

posted:2015.8.4  from:長野県軽井沢町  genre:ものづくり / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

初めてランドセルを手にした時のことを覚えていますか?
長野県軽井沢町にあるランドセル工房「土屋鞄製造所 軽井澤工房」は、
“人生で一度きりのランドセル選びが幸せな時間になるように”
という職人さんの思いが、いたるところに生きている工房です。
今年の夏、職人の手仕事でランドセルを製造してきた
土屋鞄製造所が創業50周年を期にオープンさせました。

当初は、職人2人の小さな工房だったという土屋鞄製造所。
いまでは幅広い年齢層の職人が切磋琢磨する場となっており、
「これからも世代を超えてたしかな技術をつないでいけるように」と
軽井澤工房をつくったのだそう。

軽井沢を選んだのは、「上質な美が息づく軽井沢で、
確かなものづくりに励んでいきたい」という思いから。
自然に溶け込む工房の中で、ゆっくりと見学やお買い物が楽しめるようになっています。

次のページ
思い出に残るランドセル選び

Page 2

土屋鞄製造所 軽井澤工房が目指しているのは“親子の思い出づくり工房”。
工房では革や素材、金具の形、0.5mm単位の縫製にまでこだわる
職人の手仕事を見学できます。

軽井澤工房限定モデル「軽井澤」140,000円(税込)50年の技がつまっています。

およそ11,500 ㎡の敷地内には、もみじや白樺、山桜、ナラなどの植物が。
店内の窓からも緑が見え、自然を感じられるつくりになっています。

軽井沢絵本の森美術館

お店にはさまざまなカラーのランドセルが並ぶほか、
大人向けのショルダーバッグやトートバッグ、財布、ステーショナリーなども。
ちょっと足を伸ばせば、「軽井沢絵本の森美術館」「エルツおもちゃ博物館」などの
観光スポットがあるのもうれしい。
ここではたしかに、思い出に残るランドセル選びができそう!
軽井沢にランドセルを見に行くというのもすてきですよね。

土屋鞄製造所 軽井澤工房

住所 長野県北佐久郡軽井沢町発地200

時間 10:00 ~18:00 ※定休日は時期により変動。臨時休業、年末年始休み有り

電話 0267-44-6081(店舗直通)

アクセス JR・しなの鉄道軽井沢駅から約5.5km、上信越自動車道「碓氷軽井沢インター」から約6.5km

土屋鞄製造所 軽井澤工房

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店