colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

6年間の相棒!
東京・足立区の老舗〈大峽製鞄〉と
〈こども ビームス〉の
コラボランドセル

コロカルニュース

posted:2015.7.5  from:東京都足立区  genre:ものづくり / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

ランドセル、それは日本で生まれた革のカバン。
6年間、こどもと一緒に過ごす相棒のような存在です。
東京足立区のメーカー「大峽製鞄」(オオバセイホウ)は、昭和10年創業。
日本のランドセルの原型とも呼ばれるようになった学習院初等科のランドセルを
手がけるようになり、現在まで続いているメーカーです。
創業以来一貫して、手仕事で作り上げているんですよ。
この「オオバセイホウ」と、こども ビームスがコラボレーションした、
「大峽製鞄×こども ビームス」のランドセルが今年も受注を開始しました。

オオバセイホウは、東京足立区に裁断工場と、
宇都宮に縫製・組み立ての工場があります。
ランドセルのパーツは200以上。ランドセルづくりの作業はまず、
これらを形よく調えることから始まります。
革をプレスしたり、パーツを縫いあわせたり、
200もの工程をほとんど手作業で行っているんです。
6年間使った小学生が、卒業後、工場に
お礼を言いに来ることもあるんだそう。

Page 2

「大峽製鞄×こども ビームス」2016年モデルの注目は、新色の「チェリー」。
チェリーピンクといえばポップなイメージですが、
大峽製鞄が手がけると優雅な雰囲気になりますね。
オーダー方法は、こども ビームス店頭にて
ご注文して頂き、完全受注生産で
今年の11月から、来年3月末頃に納品される予定です。
詳細はお問い合わせを。

大峽製鞄×こども ビームス スペシャルランドセル2016

カラー:ブラック、グレー、グリーン、ネイビー、ブラウン、レッド、チェリー

重量:約1,280g

お届け予定:2015年11月~2016年3月

価格:66,960円(税込)

※画像は実際の商品の色と若干異なる場合があります。

※素材がなくなり次第受付終了となります。

問い合わせ:こども ビームス 03-5428-4844

Feature  これまでの注目&特集記事