colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

茨城産の甘~いメロンが
なんと無料!「パンがなければ、
メロンを食べればいいじゃない
2015」開催

コロカルニュース

posted:2015.6.7  from:茨城県水戸市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Maruko Kozakai

小堺丸子

こざかい・まるこ●東京都出身。
読みものサイト「デイリーポータルZ」ライター。江戸っ子ぽいとよく言われますが新潟と茨城のハーフです。好きなものは犬と酸っぱいもの全般。それと、地元の人に頼って穴場を聞きながら周る旅が好きで上記サイトでレポートしたりしています。

北海道産のイメージが強いメロン。
でも実は、生産量が最も多いのは茨城県なんです。
全国の出荷量のうち、なんと約1/4が茨城県産です。

そんな、メロン大国ならではのリッチなイベント
「パンがなければ、メロンを食べればいいじゃない2015」が
6/13(土)に開催。
先着100名に、食べ頃の美味しいメロンをまるごと1個
無料配布しちゃいます。
場所は東京都中央区勝どきで定期的に開かれている、日本最大級規模の
ファーマーズマーケット「太陽のマルシェ」内。
配布終了後もメロンや、メロンを串に刺したメロン棒、
茨城メロンサイダーの販売をします。

昨年の様子。熟した食べ頃の茨城産メロンがまるごと1個いただけます。(なくなり次第終了)

今年で3回めとなるこちらのイベントは、
東京在住・在勤の茨城出身女性たちが中心となっている
「いばらき美菜部」によって企画されたもの。
旬の食材を通して、まだまだ知られていない茨城の魅力を
広める活動をしています。

茨城メロンサイダーの販売を予定。美味しそう!

「パンが無ければメロン」とは、メロン大国でなければ言えないセリフですね。

茨城県の多種多様で美味しいメロンが一年を通して楽しめるのは、
栽培に適した、豊かな土壌と気候のおかげ。
そして、安全に消費者に届けるためにと、堆肥を十分に投入した土づくりや、
農薬に敏感なミツバチを交配に使うといった
農家のこだわりでもあります。
この機会に、茨城らしい「おもてなし」をいただいてみては。

「パンがなければ、メロンを食べればいいじゃない2015」
◆開催日程:2015 年6月13日(土)11:00~
※希望の方が多い場合、整理券を配布致します。先着100 名様(なくなり次第終了)。
配布後と6月14日は、メロン棒(メロンを串に刺してその場で食べていただくもの)、
メロン、茨城メロンサイダーの販売を行います。
◆開催場所:月島第二児童公園(中央区勝どき1-9-8)
      最寄り駅都営地下鉄大江戸線『勝どき』駅A4a/A4b 出口
◆「太陽のマルシェ」営業時間:6月13日(土)、6月14日(土)10:00-17:00※雨天決行。荒天時は中止の場合があります。

いばらき美菜部
太陽のマルシェ

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ