colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

焼失の悲劇から美しく蘇った岡山「備前國總社宮」復活祭。プロジェクションマッピングや神社バルも

コロカルニュース

posted:2015.4.17  from:岡山県岡山市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

2015年4月29日(水)、
岡山県岡山市の神社「備前国総社宮」(びぜんのくに そうじゃぐう)で
盛大なお祭り「拝殿竣工祭」が開催されます!

こちらは、主祭神に「因幡の白兎」の神話で有名な大己貴命(大国主命)をまつり、
平安時代からご鎮座されている歴史と由緒ある神社。
しかし、1992年、放火によって随神門を残し社殿が全焼したという
悲しい出来事がありました。
そしてその後、資金難により再建が出来ず、年々参拝者が減少。
盛大なお祭りを行うことができず、地域にとって大きな問題となっていました。
それがようやく、23年の時間を経てめでたく再建!
お祝いとして盛大なお祭を行うことになったんです。

放火により全焼した拝殿(左)と御正殿(右)

美しい姿で復活!平安後期様式で再建された「御正殿」

その内容は..
全国50近くのお祭りに参加する「明日襷(あしたすき)」の協力による神輿巡行や、
舞、書、武道、落語、太鼓、jazzバンドなどのパフォーマンスを神社に捧げる「奉祝」。
それら数ある奉祝行事の最後を飾る、神社へのプロジェクションマッピング。
さらに岡山市内の有名レストランが出店し、美味しい食事やお酒を提供する「神社バル」も!

平安後期様式で再建された「拝殿」

Page 2

「備前国総社宮」が全焼してからというもの、
平安時代後期の創建当時の社殿復元を核にした復興計画が
信仰者の方たちの協力支援のもと進められました。
平安後期様式での再建は日本初のこと!
古代の大工道具である「槍鉋(やりがんな)」を使用して製材するなど、
手間のかかる平安様式の建築手法が用いられているんです。
その耐用年数は500年以上と言われる、堅牢な構造になっています。

このお祭りの前日の4月28日(火)には
光と音と映像の大規模野外イベント
「奉納」〜平安建築の神社で開催する光と音と映像の一大イベント〜を開催。
プロジェクションマッピング上映や、
境内背景の龍ノ口山にライトビームを照射し、
サーチライトで後光を表現するなどのスペクタクルが
繰り広げられるのだそう。
「普段は初詣ぐらいしか神社に足を運ばれないような方にも、
気軽に神社を感じていただけるイベントにしたい」とのこと。
ぜひお気軽に!

備前国総社宮「拝殿竣工祭」
日程:2015年4月29日(水)
会場:備前國總社宮(びぜんのくにそうじゃぐう)
住所:岡山県岡山市中区祇園596
お問合せ電話番号:086-275-7055

「奉納」〜平安建築の神社で開催する光と音と映像の一大イベント〜
日程:2015年4月28日(火)
時間:19:00〜21:00
開催地:備前国総社宮敷地内

Feature  これまでの注目&特集記事