colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

クリスマスにまだ間に合う!岐阜県高山市オークヴィレッジの国産材で作ったオルゴールツリー

特集・木のある暮らし × コロカルニュース

posted:2014.12.11  from:岐阜県高山市  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  「木のある暮らし Life with Wood」からのニュースです。
日本の木材を活用した新しい商品、ユニークな商品、ヘルシーな商品の情報や、
木に触れる、木の良さを知るイベントやプロジェクトのことなどをキャッチ!

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

もうすぐクリスマス!
本日ご紹介するのは、岐阜県高山市の「オークヴィレッジ」
がつくる「オルゴールツリー」。
日本の木を使い、無垢の木を木組みして作ったクリスマスツリーです。
ゆっくりと回転しながらオルゴールのやさしいメロディを奏でます。
サイズはプチとスタンダードの2種類。
テーブルや台の上に置くと、メロディがより大きく朗らかに響きます。
本日から開催する「森林(もり)からはじまるエコライフ展2014」の
コロカルブースでも展示します!
コロカルのInstagramでもブースの
様子をお伝えいたしますのでお楽しみに。

グリーンとナチュラルの2色があります。

ツリーの飾りは、オークヴィレッジの敷地内でひろった木の実たち。

「オークヴィレッジ」は、全て本物の木である「無垢板」だけにこだわり、
身のまわりの小物から漆器類、家具、そして木造建築まで、暮らし全般の
ものづくりを手がけるメーカー。
活動の理念は、「100年かかって育った木は100年使えるものに」ということ。
木は伐られても、それだけの年月を作品として生き続ければ、
森を育てることができるから、なんです。

ここで作られています

12月20日までの注文で、クリスマスのお届けに間に合うそう。
木のぬくもりと、心温まるオルゴールの音色に
包まれたクリスマスをお楽しみください。

オークヴィレッジ「クリスマスフェア」

Feature  これまでの注目&特集記事

    木のある暮らしーLife with Woodー

    Recommend