colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

佐賀県のコラボプロジェクト「FACTORY SAGA」東京駅に森永製菓と有田焼グッズの限定ショップ

コロカルニュース

posted:2014.10.29  from:佐賀県西松浦郡有田町  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

佐賀県の物産と、さまざまなプロダクトとの
コラボレーションを生み出す「FACTORY SAGA」。
このたび、最新のプロジェクトである
「Hi‐CROWN 2 Tsubo Shop(ハイクラウンふたつぼショップ)」
がお目見えしました。
今回のコラボレーションのお相手は、森永製菓。
東京駅のGRANSTAに12月7日まで期間限定ショップがオープンし、
有田焼などとコラボした限定グッズを販売します。

「Hi‐CROWN 2 Tsubo Shop(ハイクラウンふたつぼショップ)」

この佐賀県×森永製菓×東京駅のプロジェクト、
実は深いご縁があるんだとか。
ひとつは、森永製菓創業者の森永太一郎氏が、
佐賀県伊万里市の出身ということ。
また、JR東京駅の設計者で「近代建築の父」と呼ばれた辰野金吾氏も、
佐賀県唐津市の出身なんだそう。

ショップには、4種類のコラボ商品が登場。
ひとつめは、冒頭の「ハイクラウン東京」10,000円(税抜)。
JR東京駅丸の内駅舎の外観を描いた有田焼の器に、
「ハイクラウン50周年アニバーサリー」8種類をセット。
有田焼の窯元「香蘭社」が手掛けた器付き、100個限定で販売されます。

2つめは「ハイクラウン東京マンディアン」2,300円(税抜)。JR東京駅丸の内駅舎ドーム天井のデザインを描いた有田焼の器と、佐賀県産の白石レンコンやいちじくなどを贅沢にトッピングしたマンディアンのセット。器は、有田焼の窯元「福泉窯」が手がけています。

3つめは「Hi-CROWN Premium Box(染付東京駅丸の内駅舎絵図内松竹梅側面濃蛸唐草)」328,000円(税抜)。JR東京駅丸の内駅舎ドームをモチーフにした、有田焼の三段重ねのお重というプレミアムなアイテム。福泉窯の職人の手で一段一段デザインされたこの商品は、「完全受注生産」の特別品。中身にハイクラウンその他のお菓子を入れてお届けします。

そして4つめは棒付チョコレート「ロリポップ」のなかに、
佐賀県産のさがほのかを使用した「ハイクラウンロリポップ」280円(税抜)。
「ハイクラウン東京」「マンディアン」を購入された方には、
森永製菓の開発担当者が特別にセレクトした佐賀県の銘茶・嬉野茶のプレゼントもあります。

このほか、限定ショップの近くにある「はせがわ酒店東京駅グランスタ店」には、
“チョコ”と“おちょこ”のコラボ「おチョコBAR」が登場。
ハイクラウンチョコレートに合う佐賀県の日本酒をはせがわ酒店がセレクトし、
チョコレートと日本酒という今までにない新しい組合せが楽しめるバーを、
11月末までの期間限定でオープンします。

「おチョコBAR」では、ショップにて3,000円以上ご購入の方にチョコレート色の「おチョコ」をプレゼント。

甘いものがお好きな方も、お酒好きもぜひショップやバーに
立ち寄ってみてはいかがでしょう。

■Hi‐CROWN 2 Tsubo Shop(ハイクラウンふたつぼショップ)
開催期間:2014年10月27日(月)~12月7日(日)
所在地:JR東京駅構内B1F GRANSTA 「銀の鈴」 SEASON SELECTスペース
営業時間:8時〜22時(月~土)、8時〜22時(日・祭)
電話番号:03-6259-8512
Webサイト:http://morinaga.co.jp/hi-crown

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ