colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

古き良きものが集う一大マーケット「関西蚤の市」兵庫県宝塚市にて初開催!

コロカルニュース

posted:2014.10.7  from:兵庫県宝塚市  genre:ものづくり / 活性化と創生

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

10月18日(土)・19日(日)、兵庫県宝塚市の
JRA阪神競馬場内・セントウルガーデンにて「関西蚤の市」を開催。
噴水や花壇、温室のある広大なガーデンに
古道具屋さんや古本屋さん、カフェなどが並びます。

主催は、東京で「東京蚤の市」や「もみじ市」などの
イベントを開催してきた手紙社さん。
東京で大人気の蚤の市を
関西で行うのは、今回がはじめてだそう。

参加店数は130店以上。
愛知県瀬戸市で生まれた食器ブランド「studio m’」さん、
アクセサリー職人さんがいとなむ雑貨屋「ちせ」さん、
民藝の器を中心とした手仕事のもののお店「FRANK 暮らしの道具」さんなど、
すてきなお店がそろいました!

暮らしの中に溶け込む食器のお店「studio m’」さん

生活の道具や、贈り物にもぴったりなジャムなどをお届けしてくれる「ちせ」さん。店名には、アイヌ語で「家」という意味があるそう

コンフィチュールとマフィンのお店「美味しい時間」さん、
季節の野菜をふんだんに使用した料理「シチニア食堂」さん、
京都のベジタリアン料理店「PLANT LAB.」さんなど、
ごはんのお店も充実しています。

「美味しい時間」さんの自家製コンフィチュールがたっぷり入ったマフィン。焼き立てはもちろん、時間がたってもしっとりしておいしい

秋の野菜をふんだんに使用した「シチニア食堂」さんの料理は、体に染みわたる美味しさ

当日は音楽ライブやトークイベント、
「アルフェテ工作室」さんによる
羊毛や木、針金などを使用する3つのワークショップ「魔女の工作室」も開催!
最新の出店者情報は、FACEBOOKにくわしく載っています。
そちらもぜひチェックしてみてください。
関西蚤の市
FACEBOOK

Feature  これまでの注目&特集記事