colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

「DENTO-HOUSE」浅葉克己、仲條正義、服部一成、井上嗣也、中村至男が伝統工芸とコラボ

コロカルニュース

posted:2014.10.1  from:東京都中央区  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

以前コロカルでもご紹介したプロジェクト「DENTO-HOUSE」は、
日本が誇る伝統工芸品を、日本で活躍するトップ・レベルの
グラフィック・デザインとむすび、アートピースとして紹介するプロジェクト。
参加デザイナーは浅葉克己、仲條正義、井上嗣也、服部一成、中村至男
という、日本のグラフィック・デザイン界を担う錚々たる面々。
日本の伝統工芸品の魅力を再発見し、未来につなげていくことが目的です。
今まではパリのみで販売しておりましたが、
このたび、日本初となる限定ショップ「銀座三越POP UP SHOP」が
2014年10月15日にオープンします!

会場は新作に加え、これまでのコレクションが一堂に揃います。
いずれも、5人のデザイナーが伝統工芸と向き合った洗練のプロダクトたち。
秋田の連漆器、宮城の伝統こけし、青森の津軽塗、
岩手の浄法寺塗、埼玉の春日部桐箪笥、東京の江戸木版画などの高い技術と、
モダンなグラフィックのコラボレーションは見もの。

中でも注目は新しく生まれ変わったこけし!
上の作品は服部一成さんによるこけし「あたまのうえ レモン/ブルー」。
お値段は税込¥7,128。
これらのこけしや漆のテーブルウェアなど購入しやすい作品から
見応えのある大屏風まで、バリエーション豊かな作品が揃います。

仲條正義デザインの宮城伝統こけし「ハナコ 赤/黒」。後ろ姿には宮城伝統こけしの伝統的な花柄が描かれ、華やかさを添えています。お値段は税込¥14,040。

こちらは浅葉克己デザインの宮城伝統こけし「ストライプこけし」。こけしをストライプで絵付けした遊び心のある作品です。お値段は税込み¥10,800。

こちらも浅葉克己デザインの宮城伝統こけし「ブランクーシこけし」。ブランクーシの「接吻」をモチーフに、男女の愛をかわいい子どもこけしで表現しました。産地は宮城県の鳴子。お値段は税込み¥12,960です。

服部一成デザインによる川連漆器の「カジノ重箱-金」。遊び心あふれる絵柄に、全面金粉で仕上げられた強い存在感を放つ重箱です。お値段は税込¥307,800。

浅葉克己デザインによる「トンパ屏風」。川連漆器と津軽塗により、中国のナシ族に伝わる、世界で唯一の「生きた象形文字」とされるトンパ文字が描かれた屏風です。お値段は税込¥756,000。

こちらがそうそうたるデザイナーたち!

また会場では、浅葉克己が写楽をリ・デザインした江戸木版画の浮世絵を。
100枚限定・サイン入りで販売予定。
この展覧会はパリでも2015年1月下旬~2月上旬に行なわれる予定なのだそうです。
ぜひ東京会場で、伝統工芸とデザインの融合をご覧ください。

■「DENTO-HOUSE」POP UP SHOP
会期:2014年10月15日(水)〜10月28日(火)
会場:銀座三越8階 ジャパンエディション
営業時間:10:30-20:00
Webサイト
Facebook

Feature  これまでの注目&特集記事