colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

「とうきょうの真ん中で“地方暮らし”を考える – とっとりの場合」鳥取県と鳥の劇場による演劇&トークイベント

コロカルニュース

posted:2014.9.30  from:鳥取県鳥取市  genre:暮らしと移住

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

10月18日(土)・19日(日)、
東京のアーツ千代田3331にて
「とうきょうの真ん中で“地方暮らし”を考えるーとっとりの場合」が開催されます。

これは、鳥取県とNPO法人鳥の劇場による、
鳥取への移住と定住にまつわるイベント。
鳥取県についてのトークのほか、
鳥の劇場による演劇、読み聞かせ、
イラストレーターのClaraさんによる似顔絵コーナーが行われます。

因州和紙、智頭杉、陶器など、鳥取県の素材をいかしたインテリア製品をデザインしているデザイナーの白岡崇さん。

トークゲストは、
デザイナーの白岡崇さん、
森のようちえん まるたんぼう代表 西村早栄子さん、
株式会社漁師中村代表 中村隆行さん、
建築家の来間直樹さん、
hughug大山森のようちえん代表 北垣聡さん、
カフェ・ダール・ミュゼ代表 河崎妙子さん。
鳥取だからできるクリエイティブな活動や
鳥取での子育て、家づくりなどについて語ります。

上演演目「どろぼうがっこう」は、
かこさとしさんの原作によるお芝居。
大どろぼうをめざして勉強中の“どろぼうがっこう”の生徒たちが
先生と一緒に遠足に出かけるというお話です。
もうひとつの演目「アナンシと5」は、ジャマイカの民話のお芝居。
どちらも、鳥の劇場を代表する子ども向けの演劇です。

とにかく、地方暮らしを考えている方には、
貴重な話題が満載!
トークゲストのプロフィールと
登壇時間は、FACEBOOKをご覧ください。
FACEBOOK
鳥の劇場
とっとり暮らし支援課

Feature  これまでの注目&特集記事