colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

効率より質。岐阜県中津川の老舗「恵那眼鏡工業」とスタイリスト・ 川上薫さんによるコラボ商品「Little Emma-2」発売!

コロカルニュース

posted:2014.9.11  from:岐阜県中津川市  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Maruko Kozakai

小堺丸子

こざかい・まるこ●東京都出身。
読みものサイト「デイリーポータルZ」ライター。江戸っ子ぽいとよく言われますが新潟と茨城のハーフです。好きなものは犬と酸っぱいもの全般。それと、地元の人に頼って穴場を聞きながら周る旅が好きで上記サイトでレポートしたりしています。

岐阜県の中津川に本社をかまえる
プラスチックフレーム工場「恵那眼鏡工業」。
外注に頼らず全ての作業を一貫生産し、熟練の職人たちが
まるでオーダーメイドかのように手になじみ、掛けごこちのよい
眼鏡を作りだしています。
1948年の創業当初は主に輸出向けの製品を生産してきましたが
現在ではオリジナルブランドとして、
サングラスライン 「ENa(エナ)」と
オプティカルライン「EnaLloid(エナロイド)」を展開。
そしてこのたび、スタイリストの川上 薫(かわかみかおり)さんとコラボレーションを実現し、
新モデル「Little Emma-2(リトルエマ ツー)」を発売することになりました。

既存のモデルを再考し、川上さんの理想を求めて何度もプロトタイプを製作。かっこいい!

「Little Emma-2」のツルの部分とこちらの眼鏡拭きには、イラストレーター・Noritake氏による川上さんのアイコンが印刷されています。

生産性より品質重視の一貫生産を行っている工場は、わずか二社しかないと言われています。

特にフレームの磨きにはこだわりが強く、
他の工場よりも3倍ほど時間のかかる手磨きによって
なめらかなフォルムと艶を生み出しているそう。
その長年培われてきた丁寧かつたくみな技術に、
川上さんの提案する落ち着いた色味が加わり
クラシカルで男女ともに似合う仕上がりになりました。
自慢したくなるこだわりの眼鏡、ぜひチェックしてみてください。

■川上 薫さんプロフィール
スタイリスト。1981年、東京生まれ。2006年に竹淵智子氏に師事した後、
2009年に独立。http://kaori-kawakami.com/
■Little Emma 詳細
価格|24,000円(税抜)
カラー展開|Col.082/クリアグリーン&サングラス仕様あり
      Col.118/ダークブラウンデミ
      Col.119/ライトブラウンデミ
販売先:全国約30店舗
発売日|2014年9月26日(金)

EnaLloid-エナロイド-
Facebook

Feature  特集記事&おすすめ記事