colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

今日のおやつ:「雪塩ちんすこう」。宮古島のパウダー塩を使った、沖縄みやげの定番!

コロカルニュース

posted:2014.7.23  from:沖縄県糸満市  genre:食・グルメ / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

今日のおやつは、沖縄お土産として人気な南風堂の「雪塩ちんすこう」。
沖縄伝統のお菓子「ちんすこう」を、宮古島の地下海水を汲み上げて
精製される「雪塩」を使って、現代的な味に仕立てました。
雪塩とは、宮古島にある「雪塩製塩所」にて、特殊な製法で
にがりの成分を取り除くこと無く作られるパウダー状のお塩。
この雪塩と、ラードだけでなくショートニングを使うことで、
塩のあっさりとした旨味と、べとつかないさらさらの舌触りを実現。
県外の方にも親しみやすい味になっています。

こちらがパッケージ。

ちんすこうとは、「珍しい(もしくは金の)お菓子」という意味。
その歴史は古く、15世紀には既にありました。
もともと琉球王朝の王族や貴族が祝い事の際に食べるお菓子だったのを
戦後大量生産することに成功し、今ではたくさんの人に親しまれるものになったのだそう。
イギリスのショートブレッドのように、
濃い目の紅茶やブラックコーヒーと合わせて楽しみたいおやつです。

南風堂「雪塩ちんすこう」

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店