colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

テーマは食とデザイン。京都で始動するリノベーションプロジェクト「KYOCA Food Laboratory」

コロカルニュース

posted:2014.3.31  from:京都府京都市  genre:食・グルメ / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

京都の台所を支える、京都市中央卸売市場。
今年、食をテーマにしたリノベーションビル「KYOCA」が
京都駅からもアクセスのよいこの地に隣接して登場します。
プロジェクトのテーマは「食とデザイン」。
青果業に携わる人や食に興味のある人たちが集い、学び、
暮らせる場「KYOCA FOOD LABORATORY」の誕生です。

「KYOCA」の中にあるのは..
1Fには市場から届く新鮮な食材のレストラン。
2Fにはこだわりの専門店。
3Fは、食や地域に関する学びの場。
そして4~5Fはレジデンス。食に関心のある方々の
事務所や居住のためのスペースになります。

運営を手がけるウエダ本社・中畑孝一さんに
KYOCAのオススメポイントを伺いました!

「1階や2階は飲食店やマルシェ風に物販店が集まった
商業施設ですので一般の方、観光客の方も
ぜひご利用いただきたいと存じます。
逆に、3階はレシピ開発、商品開発ができる
キッチン設備のあるサロン、様々な食文化を発信できる
イベントスペースなどがあり、世代を超えて、
プロやフードクリエーター、一般様々な方々が交差する空間です。
4、5階はレジデンスですので、賃貸や東京や海外の方々の
ゲストハウスとしても利用可能です。
目の前にある梅小路公園には大型観光バスの駐車場もございます」
(中畑さん)

とのこと。可能性は無限大ですね。

ここはもともと「京果会館」として使われていたところ。
建物は昭和45年に建てられたもので、40数年が経過して
老朽化のためにいちどは取り壊される予定だったのですが、
リノベーションして全く新しい施設として
生まれ変わることになりました。
ただいまオープンに向けて絶賛準備中。
アートディレクターのNOSIGNERさんが手がける
ビジュアルやWebサイトを見ているだけでワクワクしてくる
プロジェクトです。

ただいま「KYOCA」では、2Fの食品物販エリア「ICHIBA」にある、
高さ3m、幅2.7mの壁に描く壁面アートを募集するデザインコンペを
開催中。詳細は下記Webサイトにて。

・「KYOCA FOOD LABORATORY
・「KYOCA Food Laboratoryデザインコンペ

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend