colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

ビームス創造研究所×復興デパートメント、被災地をけん玉で応援するプロジェクト「KENDAMA TOHOKU」開始!

コロカルニュース

posted:2014.3.26  from:山形県長井市  genre:ものづくり / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

いま世界で静かなブームの「けん玉」。
このたび、ビームス創造研究所と、
ヤフー株式会社の運営する「復興デパートメント」がコラボして
デザインけん玉を作るプロジェクト「KENDAMA TOHOKU」
が始まりました。

けん玉の作り手は、山形県にて、
競技用けん玉を手がける「山形工房」さん。
球体に迷彩柄をコーティングする技術を持つ、
日本唯一の工房です。彼らが手がける本格派仕様のけん玉に、
クリエイターがオリジナルのデザインを施すのがみどころ。

けん玉デザインの参加メンバーは、
上記に掲載した写真のけん玉デザインを手がけた
コーヒーショップのストリーマーコーヒーさん、
現在のけん玉ブームの火付け役だと言われる430 NOBさん、
ほか映画監督の宮藤官九郎さんと&スタイリストの伊賀大介さんら。

またミナ・ペルホネンのデザインによる、けん玉巾着袋を、
南三陸ミシン工房(宮城県)で活動する女性たちが縫製します。
こちらもとってもかわいいです。

ミナ・ペルホネンのデザインによる巾着袋。

これらの他にも、
宮城県でマリンスポーツのウェアやギアを
生産する「モビーディック」社によるクラッチバッグや、
福島県の「手仕事事業 IIE」による会津木綿のアパレルもつくられます。

全プロジェクト商品は5月初旬、
ビーミングライフストアbyビームス(B:MINGLIFESTOREbyBEAMS)各店
及び「復興デパートメント」で発売される予定です。
詳細は復興デパートメントのWebサイトにて。

復興デパートメント

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店