colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

書籍『週末は田舎暮らし~ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記』。平日は東京、週末は南房総。いいとこどり生活を手に入れるまで

コロカルニュース

posted:2014.3.19  from:千葉県南房総市  genre:暮らしと移住

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

UターンでもIターンでもなく、
平日は都市に住み、今までの仕事をしながら、
週末だけ田舎で生活する「二地域居住」というライフスタイル。
いわば都会と田舎の良いとこ取り。
二箇所に居住の拠点を置くということで、
別名”デュアルライフ”とも呼ばれています。

そんなデュアルライフを8年にわたって続けている、
建築ライター・コーディネーターの馬場未織さん。
平日は東京で仕事をし、週末は千葉県南房総市の
山間地で暮らすという生活を2007年から8年もの間、
続けている女性です。
ご家庭はサラリーマンの共働きで子供は3人。
猫も2匹います。
いったい普通の家庭が、どうやって東京と南房総にある
広大な農地でのデュアルライフを成功させているのか?
そんないきさつを馬場さん自身が綴った
書籍「週末は田舎暮らし~ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記」(ダイヤモンド社)
がただいま発売中です。

次のページ
セカンドハウス購入を決意!

Page 2

そもそも馬場さんは東京生まれの東京育ち。
都会育ちで自然に興味がなかったのですが、
同じく東京育ちの旦那さんが自然愛好家で大自然にデートに連れて行かれたり、
息子が虫好きになって「本物が見たい」と言うのを叶えてあげるのをきっかけに、
自然に興味を持つようになりました。

最初は旦那さんの東京の実家に住んでいたところを、
旦那さんの強い希望により、田舎にセカンドハウスを購入することに決めます。
といっても、土地を買うのも全くの素人。
手探りで神奈川から千葉から様々な土地を見て回り、
ようやく見つけたのはアクアラインの向こうにある、
8700坪という広大な農地付きの物件でした..。

都会と里山の往復生活を通して、
馬場さんたちがデュアルライフで
どんな恩恵を受けているのか、
また地域とどのように関わりながら生きているのか?
など、示唆に富んだおはなしが綴られています。
東京育ちの馬場さんが、
代々受け継いできた土地を譲り受けるということや
地域のこととも真剣に向き合っていたり、
子どもを通して豊かな生態系に対する感動も伝わってきます。
いわば現代版「富士日記」?!
都会の生活も、田舎の生活も、どっちも手に入れたい
方にオススメの本です。

『週末は田舎暮らしーゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記』

著者:馬場 未織

価格:1,575円

出版社:ダイヤモンド社

Feature  これまでの注目&特集記事