colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

映画好きの宝塚市民の
工夫がいっぱい詰まった
「第14回宝塚映画祭」、
11月開幕。

コロカルニュース

posted:2013.9.24  from:兵庫県宝塚市  genre:アート・デザイン・建築 / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

兵庫県宝塚市で開催されている「宝塚映画祭」をご存知でしょうか?
2000年にスタートした、映画好きの宝塚市民が集まって
始めた手作りの映画祭なのです。

宝塚で唯一の映画館「宝塚シネ・ピピア」を会場に、今年で14回目を迎えます。
スタッフは宝塚の10代〜70代まで、年齢も立場もさまざま人たち。
企画から運営まですべて手作りで行なっているのがスゴイところです。

そんな宝塚映画祭が、今年も2013年11月9日(土)から
11月15日(金)までの一週間にわたって開催されます。
今年のテーマは「シネマハック100」。
町の映画館をもっと面白くするために、さまざまな工夫を凝らした
アイディアあふれる映画祭になりました。

映画祭では「この空の花 長岡花火物語」から
日本全国で製作されている地域密着映画を上映するほか、
みんなから出されたとってもユニークなアイディアのいくつかを実行。
「上映前に劇場内で流れるアナウンスを、ものすごく素人くさい感じの
オリジナルで作る」とか、「いろんな特典がついたポップコーンを
10000円で販売して運営資金に充てる」など、
おもろいアイディアがいっぱいです。

なかでも参加してみたいのは、プレイベントの
みんなが撮った町の写真を映画館で観る会」。
宝塚で撮影された写真を持ち寄り、
映画館のスクリーンでスライド上映するというイベント。

宝塚市内で撮影された写真を事前にメールで送付すると、
10/19(土)のイベント当日、スクリーンにあなたの写真が
映しだされるかもしれません。
応募の詳細については、下記Webサイトをご参照ください。

みんなが撮った町の写真を映画館で観る会

宝塚映画祭

Feature  これまでの注目&特集記事