colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

新潟県十日町の
カフェ&ドミトリー「山ノ家」にて
まつだいの音にみみをすます
ワークショップ

コロカルニュース

posted:2013.9.14  from:新潟県十日町市  genre:旅行 / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

「大地の芸術祭」のメイン開催地でもある、
新潟県十日町市松代にあるカフェ&ドミトリー「山ノ家」。

イベントなども開催できる多目的スペースとしてのカフェと、
アーティストが制作のために滞在できるレジデンスを備える
この山の家で、今月28日(土)と29日(日)の二日間に渡り、
サウンドアーティストらによるワークショップと
サウンドパフォーマンスのイベント
「秋の山里でみみをすます午後と夕べ、そして朝」が開催されます。

登場するアーティストは「stilllife(スティルライフ)」。
フィールドレコーディングに基づく活動をしてきた
津田貴司と笹島裕樹が2013年に結成、始動させたユニットです。

28日は、ワークショップ「みみをすます」。
山ノ家周辺を歩きながら「音を聴く」、「静けさを聴く」、
「みみをすます」という3つの意識状態をガイドします。
いつもの散歩道でも、音に注意しながら歩くことで
驚くほど豊かな風景が広がります。

そして29日には、山ノ家近辺で簡単なレコーダーを
使って音を聴いたり、フィールドレコーディングのコツを
聞きながら実際にフィールドレコーディングを行います。

秋のまつだいの風土を、音を通して体験する新鮮なひとときとなりそう。
もちろん「山ノ家」(朝食付き1泊4,500円)に宿泊するのも大歓迎。

二日間のプログラムですが、1日のみの参加もできますし、
ライブ終了後宿泊者は温泉と夕食の手配もできます。
詳細は下記facebookページにて。

秋の山里でみみをすます午後と夕べ、そして朝

Feature  これまでの注目&特集記事