colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

折り曲げて表情を楽しむ、富山うまれの錫のうつわ「すずがみ」

コロカルニュース

posted:2013.7.21  from:富山県高岡市  genre:ものづくり / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

熟練の技と斬新なアイデア!

富山県高岡市にある「シマタニ昇龍工房」は、明治42年創業。
以来、寺院で使われるリン(鉢形の鳴器)を専門に製造しています。

リンを作るためには、錫の板を金槌で叩いて丸みを整え、音を調律する技術が必要。
この技術を習得するにはかなりの熟練が必要となることもあり、
全国にリン職人は10人ほど。シマタニ昇龍工房ではそのうち
3人の職人さんを擁しているのです。

彼らの熟練した技術を使って作られたのが、デザイン・プロダクト「すずがみ」。
錫で出来たお皿なのですが、なんと折り紙のように自由に折り曲げることが可能。

これは職人さんが金槌で錫の板を叩くことにより、
曲げ延ばしによる劣化が少なくなったから出来たもの。
盛り付けに合わせて自由な表情を作ることが出来るのが魅力です。

通販での購入は以下より可能です。

syouryu すずがみ

syouryu 折り曲げできる錫のお皿「すずがみ 中サイズ」

syouryu 折り曲げできる錫のお皿「すずがみ 大サイズ」

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店