colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

冷蔵庫を開くと方言でおしゃべり!
デジタルマスコット
「Fridgeezoo HOGEN」

コロカルニュース

posted:2013.6.27  from:福島県いわき市  genre:エンタメ・お楽しみ / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

お寿司のUSBなど、ユニークなデジタル玩具で知られる
メーカー「ソリッドアライアンス」よりまたまたおもしろグッズが登場。

冷蔵庫に入れておいて、扉を開けるたびに癒しの方言をしゃべってくれる
マスコット「Fridgeezoo HOGEN」シリーズです。
岩手弁、京都弁、鹿児島弁、沖縄弁バージョンがありましたが、
このたびあらたに福島弁、広島弁が仲間入りしました!!

このFridgeezoo HOGENは、
全国各地の冷蔵庫に住み始めたFridgeezoo(フリッジィズー)が時を経て
その土地の方言をしゃべるようになったというストーリーのもと、
2012年からスタートしたシリーズ。

冷蔵庫を開けるたびに

「ごせっぱらやげっから早ぐ閉めて!」(福島)、

「もう、たいぎいわあ」(広島)

なんて喋ってくれます。声優はそれぞれの土地の
ネイティブ・スピーカーが手がけ、リアルな発音を追求しています。
また、冷蔵庫を開けすぎるとちょっと怒ります。

Fridgeezoo HOGEN

Feature  特集記事&おすすめ記事

    コロカル商店