colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

ジェーン・バーキンが
宮城に帰ってきた。
2年間の復興支援世界ツアーに幕

コロカルニュース

posted:2013.4.24  from:宮城県松島町  genre:活性化と創生

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

世界的に知られる女優であり歌手のJane Birkin(ジェーン・バーキン)。
コロカル読者にもファンの方がたくさんいらっしゃるでしょう。

彼女は東日本大震災の直後、いち早く日本に駆けつけて、
復興支援コンサートを開き、街頭で義援金を募集し、
都内避難所の慰問をしてくれました。

そしてさらに復興支援コンサートで共演した日本のミュージシャン、
中島ノブユキさん、坂口修一郎さん、栗原務さんを引き連れ、
2年に渡る日本支援コンサートツアー「Via Japan」を
世界中で行なってきたのです。

その数は世界27カ国、74公演にも及びます。
世界の人が震災のことを忘れないようにと日本のミュージシャンとともに世界を巡り、
すべての公演地のロビーでは、坂本龍一さんの呼びかけで設立された
『こどもの音楽再生基金:School Music Revival』の募金活動を行いました。

ジェーンが東北に帰ってきた

このツアーが、2013年3月に幕を下ろすにあたり、
「東北の人々がどのように立ち直りつつあるのか、自分の目で確かめたい」
と言うジェーンのために、東北慰問を計画。経費を捻出し、
その一部はクラウドファウンディングcampfire
「ジェーン・バーキンの東北応援プロジェクト」として支援を募集。
東京公演に先立って実現させました。

東北に降り立ったジェーンは、3日間、精力的に被災地を見て回りました。

石巻ニューゼという報道博物館、
松島の松華堂菓子店のカフェスペースでミニコンサートを開き、
さらには松島中学校を訪問して音楽演奏の交換も。

写真は、松島中学校で歓迎の演奏をしてくれたブラスバンド部の皆さんと。

ジェーンはこのあと、
3月28日に東京オペラシティ・コンサートホールで
大団円コンサートを行い、日本をあとにしました。

「音楽ができることはとてもささやかだけど、
連帯の包帯として、人々の傷を包んであげたい」
という彼女の言葉が、深く心に響きました。
彼女がわたしたちに教えてくれたことが、たくさんあります。

写真:梶野彰一

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ