colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

奈良の木々からできた、
多面的積み木〈tumi-isi〉

コロカルニュース

posted:2021.7.9  from:奈良県  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

バランスと創造的感覚を養うおもちゃ

小さなお子さんがいて、これからおもちゃは何を買おうと
あれこれ考えているご家族の方に、
ぜひチェックしていただきたいおもちゃがあります。

今日ご紹介する〈tumi-isi(ツミイシ)〉。
バランスと創造的感覚を養うための積み木です。

バランスと創造的感覚を養うための積み木〈tumi-isi(ツミイシ)〉。

〈tumi-isi(ツミイシ)〉は職人が手作業でつくっており、それぞれが異なるサイズ・形状。

職人が手作業でひとつひとつつくっており、それぞれが異なるサイズ・形状。
ころんと並べただけでもなんだか雰囲気があります。


異なるサイズ・形状の〈tumi-isi(ツミイシ)〉を積み上げることで、子どもの想像力やバランス感覚が養われる。

一見重ねるのは難しそうですが、バランスを見ながら、積み上げていくことが可能。
この工程が、子どもの想像力やバランス感覚を養うことにつながるです。

Page 2

一見重ねるのは難しそうな〈tumi-isi(ツミイシ)〉ですが、バランスを見ながら、積み上げていくことが可能。

tumi-isiの前身である〈tumi-ishi〉は、
2008年にドイツ国際見本市「Ambiente」で発表されました。
あまりに独創性の高く、実用的な製品だったため、
当時から世界中で模倣品が販売されたといいます。

現在もかなりの数が出回っており、海外サイトで販売されている
tumi-ishiはなんと100%が模倣品なのだそう。
その人気の高さが伺えますね。

それから販売元の〈A4〉では生産/販売をストップしていたそうですが、
奈良県で生産・価格の面で折り合いがつき、この度再販されることに。

人気の高さから販売をストップしていた“tumi-ishi”。名前を“tumi-isi”に変え、吉野の杉と桧を使ったバージョンが展開されることに。

名前を“tumi-ishi”から“tumi-isi”とミニマルに変えて、
吉野の杉と桧を使ったバージョンが展開されることになりました。
今後は、日本の木を使った日本の積み木を再考していくのだそう。

このtumi-isiは、素材の調達からパッケージングまで奈良県で行い、
着色・コーティングもすべて天然塗料。
使い込むことで素朴な風合いになっていきます。

より、プロダクトとしての価値を高めて発売されたtumi-isi。
子どものおもちゃは、こんな風に安全で安心、
楽しみながら豊かな創造力を養えるものがいいですね。

製品はこちらのオンラインショップから購入が可能です。

information

tumi-isi(ツミイシ)

個数:約40〜90mm角の無垢材5個

価格:9900円〜

合計重量:500〜600g

素材:奈良県産吉野杉、吉野桧、広葉樹

Web:A4公式サイト

Web:A4オンラインショップ

*価格はすべて税込です。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ