colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

泊まれるデニム屋
〈DENIM HOSTEL float〉で
瀬戸内海に浮かぶ島々を一望!

コロカルニュース

posted:2021.5.18  from:岡山県倉敷市児島唐琴町  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Emi Ishida

石田絵美

いしだ・えみ●埼玉県出身。ファッションやカルチャーを軸に、WEB・紙媒体で編集・執筆を行う。旅行では地元のみなさんが集まる食堂や居酒屋を訪ねるのがマイルール。酒とおいしいものをこよなく愛する飲兵衛。

ホステルを中心とした複合施設

気兼ねなく旅ができるまであと少しばかり
時間がかかりそうな状況が続いています。
次の旅行計画を想像したり、
過去に訪れたまちを思い浮かべたりしているひとも少なくないのでは?

そんな今にぴったりな、ホステルを中心とした複合施設が
岡山県倉敷市児島地区にあります。

岡山県倉敷市児島地区にある〈DENIM HOSTEL float〉の全室からは瀬戸内海が一望できる。

〈DENIM HOSTEL float〉は、全室から瀬戸内海が一望でき
海を眺めながらさまざまなことを「思い浮かべる」時間を
宿泊者に提供しています。

宿から見える海の景色は多島美と称されるほどの
絶景はこのホステルの売りのひとつですが、
施設の内装にデニム生地が使われているちょっとユニークな宿なんです。

デニムの藍色に彩られた客室

DENIM HOSTEL floatを運営するのはデニムブランド〈ITONAMI〉。

〈ITONAMI〉の山脇耀平さん(写真左・兄)と島田舜介さん(写真右・弟)。

〈ITONAMI〉の山脇耀平さん(写真左・兄)と島田舜介さん(写真右・弟)。

以前は店舗を持たずに兄弟で
47都道府県を旅しながら製品を販売していましたが
2019年9月に日本のジーンズ産地として有名な
倉敷市児島にDENIM HOSTEL floatをオープンさせました。
デニムブランドが営んでいることもあり、
内装のいたるところにデニム生地が使われています。

襖に使われている濃紺のデニム生地。

襖に使われている濃紺のデニム生地。

壁紙、畳縁、ソファ、座椅子など
デニム素材があしらわれた客室から見える
海の色とデニムの色のふたつの異なる青に包まれます。

Page 2

実際に出会い、共感した生産者の食材をカフェメニューに

また、併設されているカフェでは
〈ITONAMI〉のふたりがキャンピングカーで販売していた頃に
出会った生産者たちの食材を使った
ドリンクやフードメニューを提供しています。

人気の〈岩城島レモネード〉550円(税込)は愛媛県岩城島の無農薬レモンを使用。皮ごとスロージューサーで潰した果汁は香り高く、ほんのりとした甘さとレモンならではの酸味と苦みを味わえます。

人気の〈岩城島レモネード〉550円(税込)は愛媛県岩城島の無農薬レモンを使用。皮ごとスロージューサーで潰した果汁は香り高く、ほんのりとした甘さとレモンならではの酸味と苦みを味わえます。

11種類のスパイスをブレンドした〈無水チキンカレー〉800円(税込)。スパイスは畑で栽培した自家製のものが使われています。〈ドライキーマカレー〉800円(税込)との〈あいがけカレー〉1000円もおすすめ。

11種類のスパイスをブレンドした〈無水チキンカレー〉800円(税込)。スパイスは畑で栽培した自家製のものが使われています。〈ドライキーマカレー〉800円(税込)との〈あいがけカレー〉1000円(税込)もおすすめ。

このほか、DENIM HOSTEL floatにちなんだ
特製フロートや、クラフトビールなど、
全国の知る人ぞ知る生産者の食材をたっぷり味わえます。

カフェの様子。デニム生地がクッションなどにも使用されています。テラス席もあり、瀬戸内海を眺めながらゆっくりとした時間を過ごせそうです。

カフェの様子。デニム生地がクッションなどにも使用されています。テラス席もあり、瀬戸内海を眺めながらゆっくりとした時間を過ごせそうです。

Page 3

もちろん、デニム商品も販売

デニムブランドが営むDENIM HOSTEL floatでは
ITONAMIの全製品が購入可能。
ジーンズのほか、ワンピースやリネンデニムシャツなど
幅広い素材のデニム製品がラインナップ。
宿泊者のなかには、ここで購入したものを着て
翌日旅立つ人もいるそうです。

デニムブランドが営む〈DENIM HOSTEL float〉では〈ITONAMI〉の全製品が購入可能。

また、クローゼットのなかで眠っている服を
インディゴに染め直してくれるという宿泊プランも用意されています。
着なくなった服との縁を戻そうというITONAMIの
「fukuen(ふくえん)」サービスを体験できるもので
持ち込んだ服を自社施設でひとつひとつ手作業で染めてくれるんです。
予約時にこのプランを選べば
当日持参した服を自分で染めることも可能になります。

〈服と、ヨリを戻そう。衣類を染め直す宿泊券〉1泊8600円(税込)。持ち込んだ服との思い出を手紙を宿泊中に書き、染め上げられた服と一緒に戻ってきます。手紙が掛橋となり、服と持ち主の縁を繋いでくれるという、心温まるサステナブルなサービスです。

〈服と、ヨリを戻そう。衣類を染め直す宿泊券〉1泊8600円(税込)。持ち込んだ服との思い出を手紙を宿泊中に書き、染め上げられた服と一緒に戻ってきます。手紙が掛橋となり、服と持ち主の縁を繋いでくれるという、心温まるサステナブルなサービスです。

全国を訪れたデニム屋の兄弟が営む
DENIM HOSTEL floatならではのサービスは
ここでしか体験できないものばかり。
次の旅のプランを考えてるときは、
ぜひDENIM HOSTEL floatを思い浮かべてみてください。

information

map

DENIM HOSTEL float 

住所:岡山県倉敷市児島唐琴町1421-26

TEL:086-477-7620

チェックイン:16:00〜22:00

チェックアウト:10:00

Web:DENIM HOSTEL float

MAIL:dhfloat@gmail.com

*価格はすべて税込です。

Feature  これまでの注目&特集記事