colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

栃木・裏那須の〈Chus〉が6周年!
食が集うワークショップが目白押しの
「Something nice !」開催

コロカルニュース

posted:2021.3.4  from:栃木県那須塩原市  genre:活性化と創生 / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Mayo Hayashi

林 真世

はやし・まよ●福岡県出身。木工デザインや保育職、飲食関係などさまざまな職種を経験し、現在はフリーランスのライターとして活動中。東京から福岡へ帰郷し九州の魅力を発信したいとおもしろい人やモノを探しては、気づくとコーヒーブレイクばかりしている好奇心旺盛な1984年生まれ。実家で暮らす祖母との会話がなによりの栄養源。

祝・アニバーサリー!

栃木県の那須塩原市に店を構える〈Chus(チャウス)〉。

“大きな食卓”というコンセプトのもと、
朝市を日常的に楽しめる直売所〈MARCHE〉、
その食材を使った料理を味わえるダイニング〈TABLE〉、
そして魅力あふれる那須の旅の拠点にできる宿泊施設〈YADO〉で
構成されるChusが、めでたく6周年を迎えます。

以前は家具を扱う大型の倉庫だったという〈Chus〉の店舗。味のある看板が目印。

以前は家具を扱う大型の倉庫だったという〈Chus〉の店舗。味のある看板が目印。

1Fは、那須の野菜や加工品が並ぶ「MARCHE」、その奥に那須の食材をたのしめる「TABLE」。広々とした空間が広がります。

1階は、那須の野菜や加工品が並ぶ〈MARCHE〉、その奥に那須の食材をたのしめる〈TABLE〉。広々とした空間が広がります。

2Fの「YADO」にはさまざまなタイプのお部屋が。

2階の〈YADO〉にはさまざまなタイプのお部屋が。

もともと、年に2回開催していた「那・須・朝・市」という
マルシェイベントを実店舗に落とし込んだというChus。

店長の森俊崇さんは、
「Chusがある黒磯は、那須の温泉地のお膝元で“裏那須”と呼ばれる地域。
移住者やこの土地のよさを再認識して帰ってくる人も多く住みやすいまちです。
黒磯は、〈SHOZO COFFEE〉というコーヒー屋さんの周りに
個性的なお店が集まってきたことで、徐々に今のまちが形成されてきました。
Chusもその一部として、この土地の人たちと関わり合いながら
お店を営んでいます」と話します。

個性豊かな人たちが集まっているという〈Chus〉メンバー。

個性豊かな人たちが集まっているというChusメンバー。

那須のおいしいものと出会い、そのおいしさをわかち合い、
笑顔が溢れ、心がつながるーー。
Chusは大きなテーブルをみんなで囲むことで
ひとつの家族のようになれる場所になったらと、
そんな願いが込められているそう。

Page 2

「食卓」を通して暮らしを豊かに、たのしく学ぶ

6周年企画「Something nice!」が2021年3月6日(土)7日(日)に開催される。

そんなChusが伝える「食卓」を通して、
多様なカルチャーとつながれる6周年企画「Something nice!」が
2021年3月6日(土)、7日(日)に開催されます。

予定されているワークショップ+トークショーは7企画。
Chus自慢の、素材を生かしたお料理がいただける立食パーティーや、
姉妹店の〈酒と肴 あくび〉も1周年ということで、
おばんざいや熱燗をいただける企画も予定されています。

どれも魅力的な企画が目白押し!
ご予約や詳細はこちらをご覧ください。

このなかから、おすすめの企画をご紹介します。

Page 3

興味津々! ホワイトチョコレートってどうやってつくるの?

〈USHIO CHOCOLATL〉のチョコレート。

〈USHIO CHOCOLATL〉のチョコレート。

\カカオからホワイトチョコレートをつくろう/

■日時:2021年3月6日(土)13:00〜(120分)
※時間が少し延びる場合があるため、ゆとりをもったご参加をおすすめします。
■定員:20名
■参加費:3000円
詳細はこちらから。

広島県は尾道より、チョコレート界に革命を起こし続ける
〈USHIO CHOCOLATL〉が参加!
ホワイトチョコレートをつくるワークショップということだけでもワクワクしますが、
今回は、“ミルクを使わずにいちからつくる”ホワイトチョコレートづくり。
カカオ豆から抽出したカカオバターを原料に、ミルクの代わりに
カシューナッツミルクを使った新感覚の味わいということで、期待大。

カシューナッツミルク・カカオバター・砂糖(オーガニックシュガー)だけで出来上がるホワイトチョコレートは、一体どんな味わい?

カシューナッツミルク・カカオバター・砂糖(オーガニックシュガー)だけで出来上がるホワイトチョコレートは、一体どんな味わい?

さらにその場で〈バターのいとこ〉のドーナツに、
できたてのホワイトチョコレートをたっぷりかけて食べられるという、
なんとも贅沢なワークショップです!

Chus姉妹店・大人気の「バターのいとこ」で販売されるドーナツ。

Chus姉妹店・大人気の〈バターのいとこ〉で販売されるドーナツ。

油脂や添加物を一切使わない、ストイックなのに前衛的なチョコレートづくり。
ここでしか体験できないスペシャルなワークショップを、
インディペンデントなチョコレート工場〈USHIO CHOCOLATL〉がお届けします!

USHIO CHOCOLATL

広島県尾道市の島の山の中腹に潜伏するミュータントな集団が資金調達のためにチョコレートをつくる。這いずり回るCITY、六角形の茶色い板、アジアよりアジアへ。USHIO CHOCOLATL

Page 4

五味醤油&蔵楽 「発酵味噌づくり」

「発酵兄妹」こと〈五味醤油〉の五味兄妹

「発酵兄妹」こと〈五味醤油〉の五味兄妹。

\手前味噌づくりワークショップ/

■日時:2021年3月7日(日)13:00〜(120分)
※時間が少し延びる場合があるため、ゆとりをもったご参加をおすすめします。
■定員:20名
■参加費:3000円
お味噌を3キロお持ち帰り可能。
※樽は基本お持ち込み。事前連絡で当日有料で準備可能。
■持ち物:エプロン、三角巾

山梨県は甲府から、〈五味醤油〉の五味兄妹が
オリジナルレシピの味噌づくりのワークショップを開催!

那須町のお味噌屋さん〈蔵楽(くらら)〉さんの協力のもと、
お子さんでも参加可能な手づくり味噌体験ができます。
慣れ親しんでいるお味噌が、「どういう工程でつくられるのか?」
たのしく学べること間違いなし。

詳細はこちらから。
※定員に達したため受付を終了しました。

Page 5

「発酵愛が止まらない!」発酵のプロが語り合い

2020年4月にオープンした下北沢の〈発酵デパートメント〉。

2020年4月にオープンした下北沢の〈発酵デパートメント〉。

「発酵文化対談」小倉ヒラク(発酵デパートメント)&大島さちえ(りんねしゃ)&宮本吾一(Chus)

■日時:2021年3月7日(日) 15:00〜(90分)
※時間が少し延びる場合があるため、ゆとりをもったご参加をおすすめします。
■定員:30名
■ 参加費:1000円

“発酵デザイナー”として活動されている小倉ヒラクさん。
昨年は発酵の専門店、〈発酵デパートメント〉をオープンし、
『発酵文化人類学入門』『日本発酵紀行』といった
発酵にまつわる書籍を執筆するなど、
小倉さんは「発酵」というプロセスをデザインを通して伝えています。
発酵食品や発酵文化が好きな人なら、ご存知の方も多いはず。

その小倉ヒラクさんと対談を行うのは、
愛知県津島市の自然食品店〈りんねしゃ〉2代目の大島さちえさん。

こだわりのフードイベントやマルシェを手掛け、
野外フェス「森、道、市場」では発酵業界で
注目の蔵元やキーパーソンらと「発酵居酒屋」を企画するなど、
発酵の分野で多岐にわたる活動をされています。

この発酵のスペシャリストのおふたりに
Chus代表の宮本吾一さんが加わり、
発酵文化の魅力を存分に語り合う「発酵文化対談」!

目に見ることのできない“発酵”の奥深い世界を発見できるかも。
この機会にたのしく発酵を学んでみてはいかがでしょう?

詳しくはこちらをご覧ください。

発酵デザイナー・小倉ヒラクさん。

発酵デザイナー・小倉ヒラクさん。

〈りんねしゃ〉2代目・大島さちえさん。

りんねしゃ2代目・大島さちえさん。

〈Chus〉代表・宮本吾一さん。

Chus代表・宮本吾一さん。

そのほかにもワークショップは盛りだくさん!

ワークショップやパーティーはどなたでも参加できるので、
気軽にお問い合わせを。

「遠方から来られる方は、せっかくならゆっくり那須や黒磯を楽しんでほしい」
と話すスタッフの田中美保さん。

YADOの宿泊とワークショップがセットになったプランも
用意されているので要チェック。
現在2日目の日曜日はほぼ満室とのことなので、事前にご確認くださいね。

昨年のPARTYの様子。

昨年のPARTYの様子。

Chusだけでなく、那須温泉や黒磯周辺のお店で心地よい時間を過ごせるはず。

自然に囲まれた“裏那須”には、
さまざまなバックボーンをもつ個性豊かな人々が集まっています。
お店や人を巡るもよし、温泉でリラックスするのもよし。

ハッピーが集う特別な2日間になりそう!
Chus、そして那須をこの機会に訪れてみてはいかがでしょうか?

information

map

Chus(チャウス)

住所:栃木県那須塩原市高砂町6-3

TEL: 0287-74-5156

営業時間:モーニング:8:00〜10:30(L.O.)ランチ:11:30〜14:30(L.O.)カフェ:14:00〜18:00 ディナー:18:00〜20:30(L.O.)マルシェ:8:00〜21:00

定休日:第2木曜日(第2水曜 17:00 CLOSE/ランチ14:30 L.O.)

WEB:Chus チャウス

イベント情報:Chus Info

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ