colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈茶寮原宿〉料理家・yoyo.さんの
人気フードイベントが
一夜限りの復活!

コロカルニュース

posted:2019.11.27  from:東京都渋谷区  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

おしゃれで独創的なyoyo.さんのヴィーガン料理

新潟市沼垂地区でセンス溢れるヴィーガン料理を提供しているカフェ〈mountain△grocery〉。
こちらを手がけているのが、料理家で〈VEGEしょくどう〉主宰のyoyo.さんです。

yoyo.さんは南インドをひとり旅した際に出会った菜食文化に感銘を受け、
都内各所で店舗を持たない定食屋〈VEGEしょくどう〉をスタート。

「たべることはいきること。おいしいやさいはみんなのいのちをつなぐ」
をテーマに、オリジナリティ溢れるヴィーガン料理で一躍人気に。
※過去の記録はこちらをどうぞ。

アート、カルチャー系イベントへの出店やオリジナルレシピも考案するなど、
ヴィーガン料理を通し、インディペンデントでさまざまな活動を行っています。

2016年からは新潟県内の里山に移住し、
お米を作ったり、ビーガンカフェ〈mountain△grocery〉をオープンさせました。

そんなyoyo.さんですが、
過去何度も料理を振舞った場所である原宿のイベントスペース・VACANTに
12月11日(水)、一日限定で〈VEGEしょくどう〉を復活。
12月末に閉館を迎えるVACANTのクロージングイベントとして帰ってきます。

次のページ

Page 2

新潟の郷土料理、地酒など盛りだくさん!

貝柱の出汁で冬野菜を煮込んだ新潟の郷土料理〈のっぺ〉

貝柱の出汁で冬野菜を煮込んだ新潟の郷土料理〈のっぺ〉。

新潟のお米で作ったおにぎり

新潟のお米でつくったおにぎり。

今回は安心して呑める店〈茶寮原宿(サルーン・ハラジュク)〉と題し、
新潟の郷土料理や地酒、無農薬手作業で自らが育てた
最高においしいお米を出す予定とのこと。
以下、メニュー詳細になります。

《メニュー》
「ほろ酔いセット」(お好きなお飲み物1杯とおつまみ5品の盛り合わせ)1,500円
※いずれのお客様もはじめにこちらを注文。

単品1品 500円~

・のどぐろ塩焼

・栃尾の油揚げ

・マウンテンライスのその場で握るお結び 味噌汁付

・マウンテンライスのわっぱ飯 味噌汁付

・猪のコンビーフ風 温野菜添え

ドリンク

・地酒

・地酒カクテル

・薬草酒カクテル

・薬草茶

・自家製コーディアル

※上記メニューは変更になる場合があり。
※今回用意されるのはノン・ヴィーガンのメニュー。

どれも気になるものばかり。
yoyo.さんの手にかかると、
これらのメニューがどんなかたちで登場するのでしょう。

「以前ごはんをつくっていたVACANTに、今住んでいる新潟のおいしいものを運んできます。
VACANTという、東京のど真ん中のパワースポットの最後に、
ぜひ足をお運びください!!!」とyoyo.さん。

原宿のVACANTで食べられるyoyo.さんのごはんはこれが最後。
お久しぶりの人もそうじゃない人も、気になる方はぜひ気軽に足を運んでみて。

お席はフリーだそうですが、来店が決まっているなら、
予約がおすすめとのこと。ご希望の方はこちらまでご連絡を!

information

map

茶寮原宿(サルーン・ハラジュク)

開催日:2019年12月11日(水)

場所:VACANT/1F

住所:東京都渋谷区神宮前3丁目20-13

時間:18:00~22:00(LO 21:30)

予約メール宛先:yoyo@m.to

web:https://www.vacant.vc/single-post/saloonharajuku

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ