colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈こけしのしまぬき〉
なんともかわいらしい!
伝統こけし工人のこけしを
封入した「こけし缶」

コロカルニュース

posted:2019.10.25  from:宮城県仙台市  genre:ものづくり / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

手のひらサイズのこけしが伝える、東北の手しごと

宮城県仙台の〈こけしのしまぬき〉から、
とってもかわいいおみやげのニュースが届きました!

名前は、「こけし缶」。伝統こけし工人による
できたてのこけしを封入したこけしの缶詰です。
開けるとほのかな木くずの匂いが香り、手のひらサイズのこけしが現れます。

缶のなかから顔をのぞかせているのは、伝統こけし工人、鎌田孝志さんの作品。

弥治郎系 鎌田孝志作こけし缶『牡丹』師匠は祖父の鎌田文市工人と、父の鎌田孝市工人。

弥治郎系 鎌田孝志作こけし缶『牡丹』師匠は祖父の鎌田文市工人と、父の鎌田孝市工人。

鎌田さんは昭和28年生まれ。鎌田さんの祖父、文市さんが手がけたこけしは
デザイナーのチャールズ・イームズの目にもとまったそう。
そのこけしは、あの「イームズハウス」にも飾られていました。

こけし缶に収められているのは、今回の為に制作された限定品。
扁平な頭に、上目使いの目がかわいらしい。胴には牡丹の限定柄が描かれています。

また鎌田さんは、イームズハウスに飾られていたこけしを再現した
「イームズこけし」も手がけています(只今品切れ中。入荷予定有り)。

こちらは、小笠原義雄さんの作品。

遠刈田系 小笠原義雄作こけし缶

遠刈田系 小笠原義雄作こけし缶

胴には、遠刈田系の代表的な文様「重ね菊」が描かれています。
おかっぱ頭は、自身で創作した本人型。哀愁ただよう表情が魅力的です。

シュッとした表情が清々しいこちらは、大沼秀則さんのこけし。

鳴子系 大沼秀則作こけし缶

鳴子系 大沼秀則作こけし缶

大沼さんは「誰からも好かれるこけしを作る」という
志をもって制作されているのだとか。さすが、絶妙なバランスが美しいこけしです。

なかには、若手を応援する「新工人応援缶」も。

弥治郎系 新山匠太作 新工人応援缶

弥治郎系 新山匠太作 新工人応援缶

上のこけしを手がけた新山匠太さんは、1987年年生まれ。
形態と描彩のセンスから弥治郎系伝統こけしの将来を
担う逸材といわれている、期待の若手です。

新工人応援缶は、同じ型をたくさんつくることが修行になることから、
他より安い価格で販売されています。
こけし缶は、こけしのしまぬき本店としまぬきオンラインショップなどで発売中です。

次のページ
いくら、かき、ほやがこけしに! 仙台を贈る「うみの三姉妹」

Page 2

「うみの三姉妹 かき」

「うみの三姉妹 かき」

こけしのしまぬきでは、仙台の魅力を伝える
ユニークなこけしも手がけています。

こちらは、〈仙台うみの杜水族館〉のオープン時に制作した
コラボレーション商品「うみの三姉妹」シリーズ。
宮城と関係の深い海の幸、かき・いくら・ほやがこけしに。
なんとも可愛らしいですね!こちらは、同水族館としまぬきで発売中。

「うみの三姉妹 いくら」

「うみの三姉妹 いくら」

「うみの三姉妹 ほや」

「うみの三姉妹 ほや」

また、仙台の名物もこけしに。こちらは「牛たん」。

「仙台名物三姉妹 牛たん」(創作スタイル)

「仙台名物三姉妹 牛たん」(創作スタイル)

このほかに「笹かま」と「ずんだ」も。
しまぬきでしか手に入らない限定こけしです。

しまぬきの創業は、明治25年。
もともとは煙草やお菓子を扱う店としてオープンし、
後にこけしをはじめとする、東北の工芸品を扱うように。
近年では「明かりこけし」や「仙臺の刻(せんだいのとき)」
「仙臺弦月」など、仙台の文化を感じさせる商品も制作・販売しています。
本店へも、ぜひお出かけになってみてください。

information

map

こけしのしまぬき本店

住所:宮城県仙台市青葉区一番町3-1-17

アクセス:仙台駅から徒歩で約10分

営業時間 : 10:30〜19:00

定休日 : 毎月第二水曜日(8月を除く)、元日

電話:022-223-2370

https://www.shimanuki.co.jp/

https://www.shimanuki-shop.com/

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店

    Tags  この記事のタグ