colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

みんなで運んだピースで
新しい居場所をつくったら、
どうなった?
札幌市民交流プラザ
〈Collective P -まちとプラザを
つなぐ搬入プロジェクト-〉

コロカルニュース

posted:2019.10.23  from:北海道札幌市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

credit

撮影:カワジリ・リョウイチ ※ベンチの画像のみ職員が撮影

札幌市民交流プラザに、巨大なスタイロの山現わる

札幌の多様な文化芸術活動の中心的な拠点として、
そして市民の仕事やくらしに関する課題の解決を支援し、
多くの人が交流する場として機能することを目的に誕生した、
劇場、文化芸術交流センター、図書・情報館の
3つの施設からなる〈札幌市民交流プラザ〉。

今年、同施設が開館1周年を迎えるまでの、
10月4日(金)~6日(日)の3日間、
〈PLAZA FESTIVAL 2019〉というイベントが開催されました。

このイベントではRhizomatiks Researchと
演出振付家MIKIKO率いるダンスカンパニー・ELEVENPLAY、
アーティストのKyle McDonaldによるテクノロジーとアートを融合した
先進的パフォーマンス作品〈discrete figures Special Edition〉の上演や、
音楽ライブ用の音響セッティングをフルに使い、
かつてない大音量の中で、『バーフバリ 王の凱旋 <完全版>』、
『グレイテスト・ショーマン』、『パプリカ』、
『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観る〈札幌爆音映画祭〉など、
五感を刺激する現代的なアートコンテンツがギュギュっと集結。
札幌にアートな風を吹かせた3日間となりました。

作品の設計は、国内外で活動する札幌の建築家・五十嵐淳氏が、市民参加のコーディネートは、まちづくりプランナーとしてまちの再生や賑わいづくりに取り組む酒井秀治氏が担当。

作品の設計は、国内外で活動する札幌の建築家・五十嵐淳氏が、市民参加のコーディネートは、まちづくりプランナーとしてまちの再生や賑わいづくりに取り組む酒井秀治氏が担当。

そのなかでも、ひときわ目を引いたのが、
〈札幌文化芸術交流センター SCARTS〉で開催された、
札幌のまち・ひと・公共施設をつなぐ参加・体験型のアートプロジェクト
〈Collective P -まちとプラザをつなぐ搬入プロジェクト-〉です。

次のページ

Page 2

札幌市民の生活の一部と化した巨大で真っ白なピース

巨大なピースの搬入

この〈搬入プロジェクト〉とは、劇団〈悪魔のしるし〉が、
ある空間に入らなさそうでギリギリ入る巨大な物体を設計・製作し、
それを文字通り“搬入”するパフォーマンス作品。
2018年に著作権を放棄して、
作品を完全にパブリック・ドメインにしたというプロジェクトです。

今回の〈Collective P -まちとプラザをつなぐ搬入プロジェクト-〉は、
このコンセプトを地元メンバーがアレンジし、
「まちの公共空間における管理ルールのギリギリを搬入する」
というテーマで実施されました。

巨大なピースを搬入している様子。これらの作業を行なっているのは、一般募集で集まった参加者のみなさん。

巨大なピースを搬入している様子。これらの作業を行なっているのは、一般募集で集まった参加者のみなさん。

市電

階段

10月3日(木)には、地下鉄・市電(路面電車)・地下街を使って、
真っ白で巨大な作品ピースをプラザまで搬入し、
それを高さ7メートルまで積み上げ、人々が憩う居場所が制作されました。
その後10月14日(月・祝)に解体し、10月27日(日)までベンチとして
プラザ内に点在されています。

館内に点在する真っ白なピース

館内に点在する真っ白なピース

ピースのひとつ

少し前まで巨大なインスタレーション作品として展示されていたものが、
形を変え、今は施設のベンチとして機能しているとは、なかなかおもしろい試み。
札幌らしく、真っ白なピースは、雪のようにも見えますね。

そして、人の移動手段である
地下鉄・市電(路面電車)・地下街などを用いて巨大なピースを運んだというのも、
その土地に根ざしたアートプロジェクトの意味をひしひしと感じます。

こちらのサイトにて、プロジェクトの過程がまとめられているので、
気になる方はぜひチェックしてみてください。

information

map

Collective P -まちとプラザをつなぐ搬入プロジェクト-

会期:2019年10月3日(木)~10月27日(日)

会場:札幌文化芸術交流センター SCARTS

住所:札幌市中央区北1条西1丁目 札幌市民交流プラザ

Web:https://collectivep.tumblr.com/

Feature  これまでの注目&特集記事