colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

9月27日から2か月間開催!
〈岡山芸術交流2019〉
3年ぶりの開催をお見逃しなく!

コロカルニュース

posted:2019.9.19  from:岡山県  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

Pierre HuygheAfter ALife Ahead, 2017Courtesy of the artist; Marian Goodman Gallery, New York; Esther Schipper, Berlin; Hauser & Wirth, Londres, Galerie Chantal Crousel, Paris Photo: Ola Rindal

3年ぶりに開催。17組のアーティスト作品が岡山のまちに

9月27日(金)から11月24日(日)までの2か月間、
〈岡山芸術交流2019〉が開催されます。

岡山市で3年ごとに開催される国際現代美術展〈岡山芸術交流〉。

今年はアーティスティックディレクターにピエール・ユイグを起用し、
岡山城・岡山後楽園周辺エリアのさまざまな歴史文化施設が
アートスポットに様変わりします。

次のページ

Page 2

以下が参加アーティストです。

タレク・アトウィ/マシュー・バーニー/エティエンヌ・シャンボー/
ポール・チャン/イアン・チェン/メリッサ・ダビン & アーロン・ダヴィッドソン/
ジョン・ジェラード/ファビアン・ジロー&ラファエル・シボーニ/グラスビード/
エリザベス・エナフ/エヴァ・ロエスト/フェルナンド・オルテガ/シーン・ラスペット/
リリー・レイノー=ドゥヴァール/パメラ・ローゼンクランツ/
ティノ・セーガル/ミカ・タジマ

その中から一部のアーティストをご紹介。

Etienne ChambaudAdditive Expression, 2013Courtesy of the Artist and Labor, CDMX

Etienne ChambaudAdditive Expression, 2013Courtesy of the Artist and Labor, CDMX

コラージュ、写真、ネオン、絵画、映像などの手法を用いながら、
形態・物体・論説の境界線を探求してきたフランス出身のエティエンヌ・シャンボー。
最近は「世界地図を書き換える」という目的のため筏を大西洋に漂わせたり、
幾何学的な数字と動物園の猿との遭遇を企画するといった、
さまざまな「状況」を作品化しています。

Fabien Giraud – Raphaël SiboniThe Everted Capital (1894-7231), Season 2 - Episode 1, 24h, 2018 c Fabien Giraud & Raphaël Siboni

Fabien Giraud – Raphaël SiboniThe Everted Capital (1894-7231), Season 2 -- Episode 1, 24h, 2018 c Fabien Giraud & Raphaël Siboni

フランス生まれのファビアン・ジローとラファエル・シボーニ。
映画の歴史、哲学、そして技術進化の考察に基づいていた作品を制作。
2014年以降、人間自身を抹殺する装置としての技術の歴史を追及する中で、
映画、パフォーマンス、そして彫刻の3つで構成される長期プロジェクトに取り組んでいます。
〈岡山芸術交流2019〉では彼らが近年取り組んでいる
映像叙事詩『The unmanned』の第二部となる新作を発表、
作品の舞台は70年代の日本で、岡山で撮影。

Pamela Rosenkranz Our Product , 2015 Courtesy the artist and Pro Helvetia, Karma International, Zurich, Miguel Abreu Gallery, New York, and Sprüth Magers Photo: Marc Asekhame

Pamela Rosenkranz Our Product , 2015 Courtesy the artist and Pro Helvetia, Karma International, Zurich, Miguel Abreu Gallery, New York, and Sprüth Magers Photo: Marc Asekhame

映像、彫刻、インスタレーションなどを扱い、人間の実存と虚構、
グローバリゼーションと消費社会の問題を扱ったプロジェクトを行う
スイス出身のパメラ・ローゼンクランツ。
ヴェネチア・ビエンナーレで発表した作品が岡山で再構成され登場します。

岡山がアートのまちとして色気づくこの時期。
アートの感覚を養いに、ぜひこの秋は〈岡山芸術交流2019〉へ
足を運んでみてはいかがでしょう。

information

map

岡山芸術交流2019

会期:2019年9月27日(金)~11月24日(日)[51日間]

休館日:月曜日(10月14日(月・祝)、11月4日(月・振休)は、翌日の火曜日休館)

開催時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

展示会場:旧内山下小学校、岡山県天神山文化プラザ、岡山市立オリエント美術館、 岡山城、林原美術館 ほか

Web:https://www.okayamaartsummit.jp/2019/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ