colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

アメ横の老舗問屋から、
静岡県産の三ヶ日みかんを使った
無添加ドライみかんが新発売!

コロカルニュース

posted:2019.9.26  from:東京都台東区  genre:買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

みかんのコク、甘み、そして酸味や苦味も感じる奥行きのある味わい

創業60年。ドライフルーツとナッツの専門店、上野アメ横小島屋。
ドライフルーツ・ナッツ・健康食品・海産珍味の老舗おろし問屋です。

そんな上野アメ横小島屋から、この夏、静岡県産の熟成させた三ヶ日みかんを
ドライフルーツにした〈静岡産 熟成三ヶ日蜜柑:無添加ドライみかん〉
が発売されました。

それは、みかんの自然な優しい甘い香りが最初から最後まで
ふわっと口の中に広がる上質なドライみかん。

生のみかんにある、皮のほんのりした苦味や少しの酸味もありつつ、
みかん本来の濃い甘みをしっかりと感じられます。

つまりはもう、みかんをそのまま食べているような感じ……。
まさに「おいしい三ヶ日貯蔵みかんをそのままドライフルーツにしました!」
という言葉がぴったり。

もちろん、みかんから作り方まで、しっかりこだわりが詰まっています。

次のページ

Page 2

まずみかんですが、使っているのは
三ヶ日みかんの主力品種である〈青島温州〉。
その中でもさらに甘みがのった晩生(おくて)の
〈青島温州〉が採用されています。

〈青島温州〉は糖度が高いだけでなくコクがあり、
丈夫な果皮を持つため、貯蔵との相性がよいのだそう。

そんな〈青島温州〉を今度は農家さんの長年の
経験と勘に基づいた高い技術を使い、貯蔵します。

まず貯蔵に先立って行われるのが「予措(よそ)」。
収穫された果実を一定期間風にさらし、
果実の水分を3~5%奪い、果皮を締めて体質を高めます。

その後「ロジ」と呼ばれる専用の薄い木箱に並べ、
貯蔵庫内に重ねて熟成。これでみかんのコクを引き出します。

また、みかんの内皮の白い部分(維管束)は、
丁寧にすべてを手作業で除去されているんだそう。
そのおかげで熟成された貯蔵みかんが持つ、
甘み・旨み・コクのバランスをドライフルーツで
最大限に感じることが可能に。

そのままではもちろん、ヨーグルトやケーキに入れたりと、
さまざまな使い方ができる〈静岡産 熟成三ヶ日蜜柑:無添加ドライみかん〉

現在、こちらのオンラインストアからお買い求めも可能です!

information

map

静岡産 熟成三ヶ日蜜柑:無添加ドライみかん

販売価格:120g 1512円、500g 5184円(ともに税込)

内容:三ヶ日貯蔵みかん(静岡県産)

販売元:株式会社小島屋

Web:https://www.kojima-ya.com/fs/kojimaya/c/b053

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店