colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

6種類の納豆を食べ比べ!
茨城の納豆愛が詰まった
〈いばらき農家の納豆〉

コロカルニュース

posted:2019.7.11  from:茨城県日立市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

品種はもちろん、生産者や製造方法まで違う!?

粒の小さい早生(わせ)大豆を栽培したことで、
納豆づくりが盛んになっていった茨城県。
今でもたくさんの種類の納豆がつくられています。

そんな茨城で、この1月に納豆愛の詰まった
ユニークな納豆が誕生したのをご存知ですか?
その名も〈いばらき農家の納豆〉。

この〈いばらき農家の納豆〉、
品種はもちろん、地域や畑、生産者まで異なる6種類の貴重な大豆を使い、
日立の納豆職人が大豆ごとの特性に合わせて、それぞれ製造方法を変えるなど、
かなりのこだわりが詰まっているんです。

農家の方の顔が見える素朴なパッケージもポイント。

農家の方の顔が見える素朴なパッケージもポイント。

大手メーカーに真似できない細やかな工夫は、
納豆への愛に溢れているからこそできる技。

どの農家も農薬を使っておらず、
大豆は大地の恵みをしっかりと吸収した、
豆本来の香りが引き立つじんわりと体に染みる味わい。
どうぞ、それぞれの味の違いを確かめながら食べてみてください。

ちなみに、定番のタレとからしで食べるのではなく、
塩やしょうゆ、白だしを足したり、お酒のおつまみにしたりと、
いつもとちょっぴり違う食べ方をするのがおすすめなんだそう。

次のページ

Page 2

手がけたのは、茨城が誇る納豆づくりの名人!

この〈いばらき農家の納豆〉を手がけたのが、
全国納豆鑑評会で計7回も賞を受賞している〈菊水食品〉。

茨城の納豆メーカーで唯一農林水産大臣賞を受賞している
メーカーさんだそうで、ここまでこだわるのも頷けます。

農家の方と菊水食品の菊池啓司社長(右)。菊池社長は納豆研究家でもあり、業界内では納豆づくりの名人として知られています。

農家の方と菊水食品の菊池啓司社長(右)。菊池社長は納豆研究家でもあり、業界内では納豆づくりの名人として知られています。

現在、茨城県のアンテナショップ〈IBARAKI sense〉、
日立駅のショップ、菊水食品の売店、オンラインサイトなどで販売中。
今後は首都圏などを中心に、大手百貨店や、
高級スーパーでも展開される予定です。

茨城一、いや日本一の納豆好きの情熱から生まれた、
この〈いばらき農家の納豆〉。
その奥行きのある味わいに、納豆を見る目が変わるかもしれません。

information

いばらき農家の納豆

価格:1,847円(税別)

内容量:30グラム×6パック

Web:http://shop.kikusuigold.com/?pid=138954471

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend