colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

約2000個の風鈴が登場。
夏の風物詩・川越〈縁むすび風鈴〉

コロカルニュース

posted:2019.7.17  from:埼玉県川越市  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

風鈴に良縁を祈願する

風が人の想いを運んでくれる。
——そんな言い伝えを風鈴に託し、良縁を願うお祭りが、今年も開催されます。

“縁結びの神様”として知られる埼玉県川越市の川越氷川神社。
ここで7月6日(土)から9月8日(日)までの期間に
行われるのが〈縁むすび風鈴〉。

このお祭りの一番の見どころは、何と言っても
境内に2000個以上吊り下げられた江戸風鈴。
職人さんたちが手づくりした、色も形も音も違う風鈴は、
願いごとを書いた木の短冊を結び付けられるようになっています。

願いを乗せて奏でる風鈴の姿はなんとも趣深く美しい。
2000個以上の風鈴がそれぞれ鈴を鳴らす姿に
思わず圧倒されてしまうことでしょう。

境内の小川にも〈縁むすび風鈴〉にちなんで、
幻想的な仕掛けが施されています。
川越氷川神社の由緒を記録した古い文書にあった
“光る川の伝説”を題材に午後7時から9時にかけて、
光ファイバーで川を光らせた光る川が出現。
夜空にきらめく天の川のような、幻想的な空間が広がります。

次のページ

Page 2

特製花火やぼんぼりの配布も

また、祭事中は特別行事も開催。

7月27日(土)から行われる〈恋はなび〉では、
川越在住の手工業デザイナー・大治将典氏と
共和木材・馬場崇氏が手がけた特製線香花火を楽しみます。
ふたり1組でやる線香花火となっており、火を灯した後は、
互いの指をこよりに結び合うというロマンチックな仕掛けが。

一方、7月27日(土)から8月31日(土)まで、
毎日午後6時より開催される〈恋あかり〉は、
川越の夏の夕景を楽しむ行事。
特別良縁祈願祭で祈願を受けた人には、
ブルーやピンクに光る幻想的なぼんぼりが授与され、
それを片手に街を散策することができます。

そのほか、涼やかな柄のお守りの頒布や、
境内にあるカフェには風鈴に見立てたスイーツ、
市内の酒販店や飲食店には川越生まれの
クラフトビール・COEDO〈恋あかり限定ビール〉の
〈紫の雲-Murasakinokumo-〉、〈華束-Hanataba-〉の販売も。

涼やかな風鈴で夏を感じつつ、
良縁を祈願しに、ぜひ大切なあの人と一緒に
川越氷川神社へ足を運んでみてください。

information

map

川越氷川神社縁むすび風鈴2019

開催期間:~2019年9月8日(日)

時間:9:00~21:00

場所:川越氷川神社 埼玉県川越市宮下町2-11-3

Web:http://www.hikawa-fuurin.jp/

※天候によって催し物などが中止になる場合あり。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend